市販車の最新ニュースや購入ガイドなどをオートスポーツwebならではの視点で掘り下げる『オートスポーツweb市販車深掘り企画』。今回は、トヨタのSUV勢を一挙に紹介します。

 ここ数年、トヨタはコンパクト系からラグジュアリー系まで多種多様なキャラクターのSUVを投入し、どの車種もヒット! 販売ランキングの上位を独占状態です。その人気の要因を解説しながら、1台ずつの車両概要と購入ガイドをお伝えします。

* * * * * *

 トヨタはここ数年、SUVの新型車種を立て続けに投入している。コンパクトSUVのライズ、ヤリスクロス、C-HR、ミドルSUVのRAV4とハリアーを擁する体制を築き上げ、ユーザーの幅広いニーズをカバーしている。

 実際、販売ランキングの上位常連モデルも多い。トヨタのSUVが、これほど高い人気を保持しているのには、理由がある。

 オフローダーのランドクルーザー系を除く、ヤリスクロス、RAV4、ハリアーは、いずれも最新のTNGA(DNGA)技術を採用した“走り自慢”を揃えていることが挙げられる。

 TNGAのもたらす恩恵は幅広いが、最も進化を感じることができるのはシャシー性能の向上だ。TNGA以降のSUVは、サイズや設計、仕様はモデルごとに異なるが、いずれも最新プラットフォーム(GA系)を採用している。

 このプラットフォームは、スポーツ性や高性能を売りにはしてないが、質感を含めた走りの総合力が高い。特にハンドリング特性とサスチューンの志向の違いは明確で、TNGA以前のSUVのゆったりとした柔らかい味付けから、キビキビさと操舵感を感じる、硬めの味付けに変わっている。

 コーナーなど荷重がかかるシーンでもスッといなす感覚が強く、トヨタがTNGAで狙った“いいくるま”の方向性が実感できる。ひと言でいえば、どのSUVもドライバーが運転を楽しめるモデルに仕上がっているのだ。

 また、パワートレインもこだわっている。TNGA以降のSUVは、ライズを除けば、ガソリンエンジン車とハイブリッド車を設定しているが、ガソリン車がハイブリッド車の廉価仕様という位置付けになっていない。

 来たる電動化時代を見据えて、トヨタはガソリン車のエンジンとトランスミッションに最新技術を投入することで、ハイブリッド車を超える動力性能と燃費性能を実現している。

 トヨタの主力ハイブリッドであるTHS Ⅱは、20年を超える改良進化もあって、世界ナンバー1のパフォーマンスを持つが、それでもガソリン車のリニアなパワー感や素直なアクセルレスポンスを求めるユーザーも多い。トヨタはそんなニーズを切り捨てることなく、ガソリン車の美点を強化したSUVを用意することで応えている。

 さらに最新機能を備えるグレードを、リーズナブルに狙えることも、トヨタSUVが高く評価されている理由だろう。

 TNGA以前のSUVも、トヨタ車らしい使い勝手の良いキャビン/ラゲッジに充実の機能装備を売りにしていたが、TNGA以降のSUVはその長所をさらに強化している。

 全体的に車格がひとつずつ上がっていると錯覚するほどで、その代表例が国産トップレベルの安全運転支援機能と最先端の車載インフォテインメント機能だ。トヨタSUVはこれらをほぼすべてのモデルに標準装備もしくは準ずる内容で投入している。

 装備の強化にともなうコスト増により価格帯は全体的に少し上がってしまったが、内容の充実ぶりを考えると実質値下げに感じるモデルもあるなど、圧倒的なコストパフォーマンスの良さを感じることができる。 

 性能と装備、価格も含めて、全方位に隙のないモデルが揃うトヨタSUV。トレンドに敏感なクルマ好きから、大きな注目を集めるのは当然といえるだろう。■■次のページ:販売ランキング上位独占!RAV4/RAV4 PHV、ハリアー

■RAV4/RAV4 PHV

車両概要
 RAV4の初代と2代目は、コンパクトとミドルの中間に位置するSUVだったが、北米市場での人気の高まりもあって、3代目以降は世界戦略車として開発された。

 それに伴いボディサイズが大きく拡大され、国内のSUV市場はハリアーに任せるというトヨタの意向もあって、先代の4代目は最後まで国内導入が見送られた。

 そんなRAV4は2019年に登場した5代目(現行型)でイメージは一変。全幅は1855mmとグローバルサイズのままだが、最新TGNA技術がもたらす基本性能の高さが評価されて、登場直後から好調なセールスを記録。ハリアー(先代)がモデル末期だったこともあって、国内で瞬く間にミドルSUVの代表モデルとして認知された。

 現行型には、ハイブリッド車(プラグインハイブリッド車)はもちろん、ガソリン車にもトヨタの最新ユニットを搭載する。

 また、GA-Kプラットフォームやライン制御型LKA(LTA)まで対応する『トヨタセーフティセンス』、通信連携対応の車載IT『ディスプレイオーディオ』など、最先端のメカニズム&装備も盛り込まれている。

 ややワイルドな風貌からしてオフロードの方が得意と見られるかもしれないが、上級モデル譲りの新世代シャシーと煮詰められたサスチューンのおかげもあって、他社のミドルSUVを含めても安定感や乗り心地はトップレベル。

 むしろオンロードでこそ本領発揮といってもいい。街中ではややボディサイズを持て余すシーンがあるかもしれないが、実用性も含めた総合力の高さを考えれば、その小さな不満は我慢できるだろう。

■グレード解説&購入ガイド
■価格帯:274万3000円〜402万9000円/469万円〜539万円

 RAV4は2.0リッター直4を搭載するガソリン車と、2.5リッター直4+モーターを搭載するハイブリッド車を設定。さらに充電機能に対応したプラグインハイブリッド車としてRAV4 PHVも用意されている。

 それぞれに設定されるグレードの違いは主に装備差によるもので、ガソリン車は4タイプ、ハイブリッド車は2タイプ、RAV4 PHVは3タイプの中から選ぶことができる。

 トヨタセーフティセンスやディスプレイオーディオなどは全グレードに標準装備されるため、どれを選んでも実用面で不満は出にくいが、最も“RAV4らしさ”を楽しめるのは、本格的な4WDシステムが組み込まれる2.0リッターガソリン車の4WDモデルだろう。

 ガソリンの4WD車はベーシックな『X』、装備と価格のバランスが良い『G』、『G』に上級装備を追加した『G“Zパッケージ』、内外装をワイルドに仕立てた『アドベンチャー』の4タイプを用意。

 オススメは『アドベンチャー』。ハンズフリーパワーバックドアやパノラミックビューモニターなどの利便装備こそオプションになるが、オフローダー風情や上級AWDシステムが安価に楽しめることは魅力十分だ。

 ハイブリッド車は、2.5リッター直4+モーター仕様。4WD車も選べるがその場合はツインモーターになる。ガソリン車と比べると、ハイブリッド車の車格は事実上1ランク上と考えてよく、同等グレードとの価格を比べると60万円以上の差があるため、ガソリン車とは比較しにくい一面を持つ。

 またキャラも微妙に異なっており、ハイブリッド車は明らかにオンロード寄りの設定。高速走行などでの重みを感じる走りや安定感は惚れ惚れするほど素晴らしいが、エコプレミアムまで含めた価値を求めないならば、価格的に少し中途半端な感もある。

 むしろRAV4のハイブリッド車を検討しているならば、充電機能に対応しているRAV4 PHVをオススメしたい。価格は469万円からと一気に高くなるが、蓄電バッテリーの容量が増えたことでEV走行の幅が広がるだけではなく、モーター出力自体も強化。

 パワフルな走りが楽しめる高性能ハイブリッドモデルという位置付けも兼ねている。2020年のデビュー直後に注文が殺到したこともあって、オーダーストップが続いていたが、2021年2月から注文を再び受け付けているので、RAV4を考えているならば、こちらも検討してみる価値は大いにあるだろう。

■ハリアー

車両概要
 ハリアーはセダンのカムリをベースに発展したミドルSUV。初代から“上質さ”をアピールし、海外ではレスサスRXとしても発売されていた。3代目(先代)からはRXとは完全に別モデルとなり、国内専用モデルとして再出発。上質な内外装や上級装備を武器に、3代目はプレミアムSUVとしての地位を確立し、ハリアーネス(ハリアーらしさを意味する)という造語が生まれるほど圧倒的な支持を集めた。

 4代目の現行型は、3代目のプレミアム路線を継承し、都会的な雰囲気で仕上げられている。大きく違うのは中身で、要所要所に最新TNGA技術が用いられている。パワートレインやプラットフォームなどの基本的なメカニズムは、現行RAV4とほぼ共通だ。

 また、トヨタセーフティセンスやディスプレイオーディオも全グレードに標準装着されるなど、万能ぶりにも磨きがかかっている。

 RAV4との明確な違いは内外装のデザインで、カジュアルなRAV4に対して、ハリアーはジェントルな雰囲気を強調している。

 さらに、ハリアーは微細な振動を抑えるタイプのサスペンションやロードノイズの透過感を抑える独自の設計を盛り込むなど、プレミアムSUVを意識した工夫も注がれている。
 
グレード解説&購入ガイド
■価格帯:299万〜504万円

 2.0リッター直4ガソリン車と2.5リッター直4+モーターのハイブリッド車というパワートレイン構成はRAV4と同じで、価格帯もかなり近い。

 ガソリン車とハイブリッド車とも、グレード展開は同じ。ベーシックな『S』、中間の『G』、最上級の『Z』を基本に、『G』と『Z』にはフルレザー仕様の『レザーパッケージ』が用意され、合計5タイプをラインナップする。

 RAV4ではFF車を選択できないグレードもあるが、ハリアーは全グレードでFF車と4WD車を選択することが可能だ。トヨタセーフティセンスやディスプレイオーディオも全グレードに標準装着されるため、『S』でも不満はない。FF車の『S』は車両価格299万円と、先代と比べても割安さがある。
 
 ハリアーらしい“プレミアム感”を求めるなら、G系やZ系がオススメ。G系とZ系は内外装の意匠が異なるが、車載ITも変わる。G系は8型モニターのディスプレイオーディオだが、Z系は12.3型ワイドモニター+SDナビに強化される。

 ちなみに現行型の目玉機能である調光パノラマルーフは、Z系のみでしか選べないメーカーオプション。本革仕様かつオプションも含めた“全部入り”は、ガソリン車の『Zレザーパッケージ』(FF車)でも500万円に迫る予算になってしまう。

 ガソリン車、ハイブリッド車とも、抜群の性能を持つが、ハイブリッド車は上級ハイブリッドシステムを搭載することもあって、コスパ抜群のガソリン車と比べると、割高な価格設定。

 とはいえ、重厚な乗り味や余裕のある動力性能を持つハイブリッド車の方が満足できる人は多いだろう。総合的にハイブリッドの『Zレザーパッケージ』のフルオプション仕様というのが、ハリアーのベストグレードと言えるだろう。■■次のページ:コンパクト系トヨタSUVのヤリスクロス、CH-R、ライズを紹介

■ヤリスクロス

■車両概要

 コンパクト2BOXのヤリスをベースに開発されたヤリスクロス。ガソリン車、ハイブリッド車ともに最新設計のパワーユニットを搭載するほか、プラットフォームはRAV4やハリアーのふたつ下となるGA-B。TNGA以降のSUVに共通する、ゆとりの動力性能と軽量&高剛性を意識した設計が注がれている。

 ヤリスクロスは高速ツーリング性能を意識した硬めのサスチューンの塩梅も絶妙で、コンパクトSUVの中ではトップレベルの走りが楽しめる。また4WDがしっかりと設計されていることも特徴だ。

 4WDのメカニズムはガソリン車の方が高機能だが、ハイブリッド車にもリヤモーター式のE-Fourを用意するなど、ラフロード適性も併せ持っている。

 トヨタセーフティセンスも、ACCは停止保持、渋滞追従まで対応する全車速型に加えて、ライン制御型LKAのLTAまで備わるなど、上位モデルに見劣りしない運転支援機能を備える。ディスプレイオーディオも大半のグレードに標準装備となるなど、機能装備も充実している。

■グレード解説&購入ガイド
価格帯:179万8000〜281万5000円

 ガソリン車もハイブリッド車も『X』『G』『Z』の3タイプから選べると考えていい。『X』はトヨタセーフティセンスは備わるが、ディスプレイオーディオのモニターが小型(7型)になったり、ホイールがスチール製になったりと、コスト削減を意識させられる仕様。最上位の『Z』は内外装の意匠は相応に良くなるが、価格は『X』に比べると約30万円ほど上乗せとなる。

 機能装備と価格の両方を重視するならば、中間グレード『Z』のバランスがいい。アルミホイールの採用や8型サイズのモニター、内装パネルの加飾の質感も高まって、『X』からの価格アップは10万円強と、納得できるレベルだ。

 ガソリン車とハイブリッド車の選び分けは、トヨタSUV選びの共通の悩みだが、ヤリスクロスの場合はガソリン車とハイブリッド車の価格差は40万円弱とそれなりに大きい。動力性能はハイブリッド車が上だが、アクセルの反応の良さはガソリン車が若干秀でている印象だ。

 燃費も最新のダイナミックフォースエンジンを搭載することもあって、ガソリン車でも実燃費20km/L超えだ。

 一般走行でも高速走行でもガソリン車で十分なので、ガソリン車を基準に選んでもいいが、ハイブリッド車の方がより豊かな力感や安定感を感じることができる。ロングドライブが多いユーザーならば、少々価格は高くなってしまうが、幅広い速度域で安定した走りを披露するハイブリッド車の方をオススメしたい。

■C-HR

■車両概要
 
 C-HRの登場は2016年。TNGA以降のトヨタSUVの中では最も古株だが、2020年夏の一部改良で機能装備を大幅強化。トヨタセーフティセンスがライン制御型LKA(LTA)に対応するなど、最新モデルと遜色ない運転支援機能を手に入れている。

 サイズはヤリスクロスとRAV4の中間に位置する。プラットフォームはプリウスやカローラ系と同じGA-Cを採用しているため、ヤリスクロスよりも車格はひとつ上になる。

 ただ、クーペルックからも分かるように、実用性よりスタイルを優先するパッケージのため、室内や荷の使い勝手は今ひとつ。特に、後席は頭上空間が圧迫されているので、ヤリスクロスよりも狭く感じる。

 パワートレーンは1.2リッター直4ターボと1.8リッターハイブリッドの2本立て。最新ユニットが投入された後発のモデルと比べると特段優れているわけではないが、余裕をもたせたボディ設計のおかげもあって走りの質感は相当高い。

 特にサスチューンは、乗り心地と安定感を高い次元で両立させており、コーナーを軽快にクリアする感覚は、SUVというよりもスポーティクーペに近い印象すら受ける。見た目だけではなく、走りの面でも、スポーツキャラで勝負できる異端児に仕上げられている。

■グレード解説&購入ガイド
価格帯:238万2000〜314万5000円

 ガソリン車とハイブリッド車でグレード表記が異なる(ガソリン車は、S-TのようにターボのTが付く)が、ベーシックな『S』に、内装意匠と安全装備を強化した『G』、GAZOO Racingのエアロパーツやサスチューンが施された『S “GRスポーツ”』の3タイプを用意。ガソリン車は4WDも設定され、さらにSUVとしては珍しく6速MT車もラインナップする。

 ガソリン車/ハイブリッド車とも全グレードにトヨタセーフティセンスやディスプレイオーディオ(8型)は標準装備になるので、どのグレードを選んでも実用装備に大きな差はない。

 ポイントはガソリンターボ車とハイブリッド車の違いについて。ヤリスクロスやRAV4は、ガソリン車も十分魅力的な性能を持つため、性能差はあれどもガソリン車を積極的に選びたくなる理由があったが、C-HRの1.2リッターターボは、回した時の心地よさやパワーの伸び感は好ましく思うが、世代的にはひとつ前の設計ゆえに実燃費はかなり物足りない。

 肝心の動力性能もモーターアシストが加わるハイブリッド車に比べると見劣りする部分が多い。ガソリン車にこだわりがないのならば、約35万円高でもハイブリッド車の方が無難な選択だ。

■ライズ
■ 車両概要

 トヨタTNGA技術のダイハツ版となるDNGA技術により開発されたライズ。基本的にはTNGAと同様の狙いで設計されているため、運転が楽しいSUVに仕上げられている。

 プラットフォームはDNGA-A、パワートレインは1.0リッター直3ターボのみと、ハードウェア構成はヤリスクロスよりひとクラス下になり、ハイブリッド車も設定されない。

 ただ、1.0リッターターボは回せば回すほどパワーが盛り上がる特性を持ち、発進ギヤ機構を備えるD-CVTとの相乗効果により、1.0リッターという排気量からは想像できないほどキビキビと走ってくれる。燃費性能はヤリスクロスとは大きな差があるが、ライズならではの俊敏な加速フィールの心地よさは人気を集める理由になっている。

 全長3995mm、全幅1695mmという小柄なボディサイズの割りには、室内や荷室も相応に確保されていて、見た目以上に使い勝手は優秀だ。
 安全運転支援機能はダイハツ独自のスマートアシストとなり、ディスプレイオーディオも純正オプションとなるなど、機能/性能が充実するヤリスクロスと比べると少し見劣りしてしまう。ただ、内装意匠は色使いや素材の仕立てが巧みでチープ感は希薄。

 上級グレードの『Z』ならば、カジュアルな室内空間も楽しめるほどだ。実用面と遊びココロやクルマの楽しさを追求したキャラを持つことも、登場から好調なセールスを維持している理由だ。

■グレード選び&購入ガイド
価格帯:167万9000〜228万2200円

 ヤリスクロスの登場で影響を受けると予想されていたが、実際は好調なセールスをキープ。2021年2月の登録台数もダイハツ・ロッキーとの合算で1万台を超えるなど、ヤリスクロスと棲み分けができている。

 グレードは、ベーシックな『X』、『X』に機能装備が追加された『G』、内装意匠と運転支援機能が強化された『Z』の3つに、『X』からスマートアシストを省いた『X “S”』の合計4タイプを設定している。

 実用性を強く意識したSUVなので、『X』でも最低限の装備が備わっているが、少々味気ない仕様。中間の『G』は、外装メッキパーツやアルミホイール、内装仕立てが強化され、見栄えが一気に良くなる。ただし、『X』に対して約15万円高になり、コスパの面で魅力が乏しい印象も。

 そこでオススメしたいのは、『X』に対して約30万円高になる最上級グレードの『Z』。『G』に比べると意匠がさらに強化されるほか、ACCやライン制御型LKA(LKC)が標準装備になるなど、機能装備が一気に強化される。

 ただし、ライズはオーディオレスが標準で、他のトヨタSUVで標準化が進むディスプレイオーディオは純正オプション(約10万円高)となる。同等の機能装備同士で比較すると、ヤリスクロスのガソリン車の方がお得になるケースもあるので、ライズを検討するときはヤリスクロスとの比較もしておくべきだろう。