メルセデスF1チームは、F1第2戦エミリア・ロマーニャGPでクラッシュを喫したバルテリ・ボッタスのシャシーが大きなダメージを負ったため、次戦ポルトガルGPで新しいシャシーを導入することを決めた。

 イモラの決勝で、ウイリアムズのジョージ・ラッセルがタンブレロに向かうところでボッタスをオーバーテイクしようとして濡れた路面で滑り、2台が接触、コースオフし、大アクシデントに発展した。幸いドライバーふたりに大きなけがはなかったが、マシンは大破した。

 チームはファクトリーにおいて、ボッタスがバーレーンとイモラで使用していたシャシーW12-5の検査に取りかかっている。メルセデスの関係者の話では、同シャシーは再利用可能だが、修理に長い時間を要するということだ。そのため、次のポルトガルとスペインに向けては、スペアのモノコックを利用して新しいシャシーを用意する方が効率的であると判断したという。

 ボッタスのマシンはアクシデントのなかで大きな衝撃を2回受けた。しかし奇跡的にパワーユニット(PU/エンジン)は致命的なダメージを受けていなかったといわれる。

 レース直後にはチーム代表トト・ウォルフは「このマシンは、パワーユニットを含めて完全にだめになった」とコメントしていた。

「非常に高くついた事故だ。ひとつは財政面の損失だ。現在コストキャップが定められているため、本来はアップグレードに使うはずだった予算をシャシーの修復に使わなければならなくなる。さらに、競技面での損失だ。今の段階でバルテリのマシンに新しいパワーユニットを搭載すれば、シーズン終盤に(パワーユニット交換による)グリッドペナルティを受けることになる。それに、今後エンジンに変更を加える場合、バルテリのエンジンについてはスケジュールが合わなくなる」

 現在、ブリックスワースのファクトリーでボッタスのパワーユニットの調査が行われている。初期の分析結果では、2回の衝撃による影響はチームが最初に恐れていたほど大きくはなく、電気系コンポーネントも稼働可能な状態であるようだ。チームはファクトリーでテストを行い、このパワーユニットをポルトガルで利用するかどうかを決断する。