4月24日(土)、2021年全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の公式予選が三重県・鈴鹿サーキットで行われ、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がスーパーフォーミュラで自身初となるポールポジションを獲得した。2番手には開幕戦を制した野尻智紀(TEAM MUGEN)、3番手には大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)が入り、開幕戦から2戦連続でホンダエンジンユーザーが予選トップ3を独占した。

 午前中は薄曇りから、わずかに日差しが差し込むかというような空模様のなかで90分間のフリー走行が行われたが、そこから約3時間後の鈴鹿サーキットは雲が少し厚くなり、気温21℃、路面温度27℃というコンディション。

 直前に行われた全日本ロードレース第2戦レース1では、デグナーでマルチクラッシュが発生し、セーフティカー導入などでチェッカー時間が遅れたものの、スーパーフォーミュラ公式予選は予定通り15時10分に開始された。

 Q1A組は、大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)、大湯、笹原右京(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、平川亮(carenex TEAM IMPUL)、ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)、国本雄資(carrozzeria Team KCMG)、坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)、大嶋和也(NTT Communications ROOKIE)、中山雄一(KONDO RACING)というラインナップでスタート。

 直前に全日本ロード決勝レースがあったことを考慮してか、セッション開始早々に5台のマシンがコース状況のチェックのためコースイン。ピットに戻るとニュータイヤに履き替えてアタックに向かっていった。いち早くアタックしたのはこのチェックラップを行っていない平川で、1分37秒574をマーク。ほかのドライバーはこのタイムを上回ることができず、平川はトップでQ1突破を果たしている。

 2番手につけたのは今回中嶋一貴の代役としてスーパーフォーミュラデビュー戦となるアレジで、タイムは1分38秒648。福住が1分37秒900で3番手につけた。アレジの次にコントロールラインを通過した大湯は1分38秒144。暫定3番手につけたものの、福住、坪井、国本らがこれを上回っていき、6番手でQ1通過。最後にアタックした大津が1分38秒275で7番手に滑り込んだ。暫定7番手でQ2進出なるかと思われた大嶋と、中山がノックアウトとなった。

 続くB組は15時30分から、山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)、山下健太(KONDO RACING)、福住、小高一斗(carrozzeria Team KCMG)、タチアナ・カルデロン(ThreeBond Drago CORSE)、野尻、関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)、宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)、阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)、松下信治(B-Max Racing Team)が出走。

 このB組でも山下と宮田を除く8台がチェックラップを行い、アウトラップでそのままピットに戻ってくると、タイヤを履き替えて各車アタックに向かっていった。福住は、午前中のフリー走行で見せた好調ぶりを維持し1分37秒316でトップ通過。2番手には関口が続いた。開幕戦で驚きのQ1敗退となった山本は、得意の鈴鹿ということもあり3番手でQ1突破。以下、野尻、松下、山下、宮田がQ2進出を果たした。

 松下はフリー走行でのマシントラブルから十分に走行ができていないなかで、トップ5につける見事な走りを披露。宮田はアタックの終盤にウォームアップ中のマシンに引っかかってしまい、セクター4でタイムを落としてしまっていたが、ギリギリでQ2進出に成功。阪口、小高、カルデロンがここで敗退となった。

■予選Q2では王者山本尚貴がまさかのノックアウト
 Q2は15時50分に始まった。Q1と比べてセッションが短くなるなか、ユーズドタイヤでのチェックラップを行ったのは国本のみ。残る13台は新品タイヤを装着してコースインの時を待つ。まずは福住、続いて坪井、平川と続々コースイン。山本はアウトラップからそのまま計測1周目でアタックに向かうのか、残り時間が3分半を指すあたりまでピット前で待機すると、タイヤを履き替えた国本と並んでコースへと向かった。

 最初にアタックに入ったのは笹原で、1分37秒165がターゲットタイムに。続く坪井は1分37秒502で上回れなかったが、平川が1分37秒119で逆転。しかしすぐさま福住が1分36秒646でタイミングモニターのトップに立った。その後、続々とコントロールラインを通過して各車がベストタイムを更新するが、福住のタイムは破られることなく、2セッション続けてトップ通過を果たした。

 2番手には野尻が入るが、福住とは約0.3秒の差。以下、大湯、関口、アレジ、平川、笹原、宮田がQ3進出を決めた。周囲と戦略を変えた山本は1分37秒426にとどまり暫定6番手につけたが、チームメイトの大湯、関口、宮田がこれを上回り、最終的には10番手まで後退。大津、坪井、松下、国本、山下らとともにノックアウトとなった。

 ここまで2セッションをトップタイムで通過し、自身初ポールポジションの期待がかかる福住は、Q3でもその速さは変わらなかった。Q3残り時間が5分を指すあたりでコースインすると、ウォームアップラップを挟んで渾身のアタックを見せる。

 セッション開始直後に走り出し、リヤタイヤのみを交換してアタックに向かった野尻がセクター1では福住よりも速いタイムをたたき出したが、福住はセクター2、3と野尻よりも速いタイムで差を削り、1分36秒449をマーク。セクター4だけで0.2秒近い差をつけて、堂々のポールポジション獲得を果たした。

 野尻に続き3番手に入ったのは大湯で、開幕戦の決勝レースで表彰台に上がった面々が今回の予選トップ3に並ぶことに。4番手には平川が入り、トヨタエンジン勢の意地を見せた。

 Q2ではチームメイトの宮田よりも速いタイムをマークして注目を集めたアレジは、1分37秒350で8番手。スーパーフォーミュラデビューレースをシングルグリッドからスタートできることになった。

 開幕戦の野尻をなぞるかのように、予選日のフリー走行から走行した全セッションでトップタイムをたたき出した福住がそのまま明日、ポール・トゥ・ウインを飾るのか。30周で争われる第2戦決勝レースは、4月25日(日)の14時30分にスタートが切られる予定だ。