5月1日現地時間午後3時、第3戦ポルトガルGPの予選が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがポールポジションを獲得した。

 気温は18度、路面温度は37度というコンディション。依然として路面のグリップレベルは低く、吹き付ける強い風がマシン挙動を不安定なものにする。

 Q1では各車が開始直後からソフトタイヤでコースインするなか、マクラーレン勢はミディアムタイヤをチョイス。硬めのアロケーションゆえにソフトタイヤのグリップが長く保つため、各車ともクールダウンラップを挟みながら連続周回でアタックを繰り返す。角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)もソフトタイヤで隊列に加わり、アウトラップの後にビルドラップをこなしてしっかりとソフトタイヤに熱を入れてから2周目にタイムアタックを行う。

 各車とも周回をこなすにつれてタイムアップしていき、最終的にはボッタスが1分19秒205でトップに立ち、2番手には0.104秒差でカルロス・サインツ(フェラーリ)。セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)は0.132秒差の3番手に入ったものの、ターン4で追い風を受けてリヤが抜けてスピンオフ。4番手は0.280秒差のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)。ルイス・ハミルトン(メルセデス)はアタック1周目のターン1でリヤが流れてカウンターを当て、トップタイムを記録したものの抹消されてしまい、アタック2周目はターン3でロックアップするなどミスが目立ち0.288秒差の5番手。フリー走行から好調のアルピーヌ勢が6番手・7番手に入り、アタック2周目のターン3でロックアップした角田はピットに戻り16番手に留まる。

 残り5分で各車が2回目のアタックに入り、ミディアムで8番手・13番手のマクラーレン勢もここでソフトタイヤを投入する。メルセデスAMG勢は中古のソフトタイヤで再びコースイン。レッドブル勢とサインツだけがピットで待機する。

 角田はここで12番手タイムを記録してQ2進出を決め、アルファロメオ勢、そしてジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)も15番手でQ1通過。ここでアタックラップを決めきれなかったダニエル・リカルド(マクラーレン)は16番手でQ1敗退。ランス・ストロールが17番手、ニコラス・ラティフィが18番手、ミック・シューマッハー(ハース)19番手、ニキータ・マゼピン(ハース)20番手というQ1敗退組の顔ぶれとなった。

 Q2では決勝のスタートタイヤを意識して各車がミディアムタイヤを履いてコースイン。決勝スタートタイヤよりもQ3進出を優先してソフトを選んだのはマクラーレンのランド・ノリスとアルファタウリ勢、アルピーヌ勢、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)だけで、それ以外は中団勢も含めて全車がミディアムを選択した。

 まず1回目のランではハミルトンが1分17秒968でトップに立ち、0.490秒差の2番手にボッタス、3番手ノリス、4番手エステバン・オコン(アルピーヌ)と続き、ミディアムタイヤのレッドブル勢は0.682秒差の5番手にフェルスタッペン、6番手ペレスで7番手にはベッテルが飛び込んできた。ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)9番手に対し角田は0.4秒差の12番手と苦戦を強いられる。

 残り5分を切ったところで各車が2回目のアタックに向かい、ここでは各車ともソフトタイヤを投入する。シャルル・ルクレール(フェラーリ)はミディアムでQ2通過を狙い、サインツはソフトでQ3進出を最優先に。メルセデスAMG勢とレッドブル勢はQ3を考慮して新品のソフトで走行。4番手のオコンはコースインせずにソフトタイヤを温存する。

 セクター1で温まりが悪くグリップが得られなかったという角田は14番手に終わりQ2敗退。ラッセルはQ3進出こそならなかったものの0.057秒差の11番手に入る健闘を見せた。12番手アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、13番手フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、15番手キミ・ライコネン(アルファロメオ)という結果に終わった。ベッテルは9番手で今季初のQ3進出を果たした。

 メルセデスAMG勢、レッドブル勢、ルクレールがミディアムでQ3に進出し決勝のスタートタイヤを優位に進めた。

 Q3では各車ともソフトタイヤを履いてアタックに向かうが、1回目のアタックでは新品ソフトタイヤを残り1セットしか持っていないノリス、ガスリーは中古タイヤでのコースイン。フェルスタッペンとベッテルはトラフィックの影響を嫌ってやや遅れてコースへと向かった。

 各車ともアウトラップの後にビルドラップを挟んでからアタックラップに入るが、2周目で計測をするフェルスタッペンはターン4でリヤが流れてトラックリミット違反を犯し、1分18秒209の実質トップタイムは抹消となってしまう。

 トップに立ったのはボッタスで1分18秒348、2番手はミルトンは0.007秒差、3番手ペレスは0.542秒差で4番手にはサインツがつける。

 2回目のアタックでメルセデスAMG勢はミディアムをチョイスし、レッドブル勢はソフトを投入する。

 しかし最後に風が強くなったこともあってかフェルスタッペンは0.398秒差の3番手タイムを記録するのがやっとで、メルセデスAMG勢もタイムアップはできず。結局ボッタスが1回目のタイムでポールポジション獲得を決め、2番手ハミルトン、ペレスは4番手という結果になった。

 後続もタイム更新はほとんどなく、5番手サインツ、6番手オコン、7番手ノリス、8番手ルクレール、9番手ガスリー、10番手ベッテルという予選結果になった。