アルゼンチンはブエノスアイレス近郊に位置する高速トラック、サン・ニコラスで5月1〜2日に開催された2021年のスーパーTC2000(STC2000)第4戦は、今季からプーマ・エナジー・ホンダ・レーシングに移籍した2017-18年シリーズ連覇のファクンド・アルドゥソ(ホンダ・シビックSTC2000)が予選ポールポジションから土曜クオリファイレース、日曜フィーチャーレースを制し、週末完全制覇の“ハットトリック”を決めている。

 金曜ルーキーテストから始まったサン・ニコラスの週末は、続く公式練習こそシボレーYPFチームの2016年王者アグスティン・カナピノ(シボレーYPFクルーズ)がタイムボード最上位を得るも、土曜公式予選で新生ホンダ・シビックSTC2000をドライブする元王者が輝きを放つ。

 規定変化でより高速化したシーズンにあって、慣れ親しんだルノー・フルーエンスGTからシビックへのスイッチを決断したアルドゥソは、この第4戦にして早くもそのスピードを引き出す術を体得し、カナピノに加えてTOYOTA GAZOO Racing YPFインフィニアの現王者マティアス・ロッシ(トヨタ・カローラSTC2000)も従え最速タイムを刻んでみせた。

 そのまま土曜午後17時20分からスタートしたクオリファイレースでは、シリーズ独自のハンディキャップ・システムにより計時予選で7番手だったルノースポール・カストロール・チームのマティアス・ミラ(ルノー・フルーエンスGT)と、同9番手のファビアン・シャナントゥオーニ(ホンダ・シビックSTC2000)がフロントロウからのスタートに。

 しかしすぐさま3番手争いに復帰したアルドゥソのシビックは、3周目に僚友シャナントゥオーニの協力を得て2番手に上がると、護衛役を引き連れ首位のミラを追走。続く4周目にはテール・トゥ・ノーズで昨季までステアリングを握っていたフルーエンスGTに揺さぶりを掛けていく。

 すると早くも5周目のターン1に向けブレーキングゾーンでサイド・バイ・サイドに持ち込み、元チームメイトのミラを鮮やかにオーバーテイク。2021年型シビックのスピードを見せつけるように、25分+1ラップのレースを制圧。2位ミラ、そして3位エミリアーノ・スパタロ(トヨタ・カローラSTC2000)を下し、待望の移籍後初勝利、そして現行世代のホンダ・シビックSTC2000にも最初の優勝をプレゼントしてみせた。

■直近のチャンピオン全員が表彰台に上がるリザルトに

 迎えた日曜の40分+1ラップで争われるフィーチャーレースでもシビックの速さは衰えることなく続き、ポール発進のアルドゥソは2番手のミラ、そして3番手に浮上したベルナルド・レイバー(シボレーYPFクルーズ)を抑えて首位を守る。

 シビックの後方ではルノーvsシボレーの争いを制したレイバーが2番手に上がり、落ちてきたルノーに対してプッシュ・トゥ・パスを繰り出した王者ロッシが襲い掛かり、カローラが表彰台圏内の3番手に進出してくる。

 さらに終盤にはロッシ、そして現選手権首位の2019年王者リオネル・ペーニャ(ルノー・フルーエンスGT)が立て続けにシボレーを仕留め、ともにシビックのテールを追う展開となるも、シリーズ連覇経験者を得たホンダ製STC2000モデルは頑として首位を譲らず。

 アルドゥソはキャリア通算15勝目を飾り、2位ロッシ、3位ペーニャという直近のチャンピオン全員が表彰台に上がるリザルトとなった。

「本当に素晴らしい組織、素晴らしいチームメイトに恵まれた。開幕戦では予選で約コンマ8秒、レースペースで1秒からそれ以上、ロッシやペーニャたちに遅れを取っていた。それが第2戦で初ポールを獲り、今回は週末完全制覇という偉業を達成するところまで来れたんだからね!」と、シビックとの初勝利に喜びを爆発させたアルドゥソ。

「僕がシビックに求めたのは、コーナー進入でリヤエンドを安定させ、安心してブレーキングできるクルマだった。彼らは完璧に僕の要求を理解し、そのとおりのマシンに仕上げてくれた。移籍は正解だったよ。今後は空力効率を改善し、弱点であるストレートスピードを上げたい。トヨタやルノー、そしてシボレーと戦い続けるためにね!」

 この結果、トヨタのロッシが新たなポイントリーダーとなり、1点差にペーニャ、そして連勝のアルドゥソが同ポイントに浮上する混戦に。続く2021年STC2000第5戦は、いまだ開催地未定ながら6月5〜6日の週末が予定されている。