2021年F1スペインGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、トラブルによりリタイアした。

 16番グリッドからソフトタイヤでスタート、1周目にふたつポジションを落としたものの、6周目には16番手まで戻していた。しかしトラブルが発生し、ターン10でマシンをストップ、66周のレースの6周目でリタイアすることになった。後に、燃料圧力の低下が発生したことが明らかになっている。


■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
角田裕毅 決勝=リタイア
 僕にとっては、フラストレーションのたまるレースウイークでした。スタート時点でペースはかなりよかったので、完走できなかったのはとても残念ですが、自分にコントロールできることではない部分でした。今の段階ではマシンに何が起きたのか分かっていないので、マシンが戻ってきたら調査を進め、エンジニアとともにすべてを見直したいと思います。

 次のモナコでレースをするのは初めてなので、楽しみにしています。こうした象徴的なサーキットで走るのは、ワクワクします。