スーパーフォーミュラ第3戦オートポリスの土曜日フリー走行が5月15日に行われ、ウエットコンディションのなか、大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)がトップタイムをマークした。

 第3戦が行われる5月15日の予選日、そして翌日曜の決勝日はともに雨の予報で、特に予選日の午後はオートポリスがある大分県日田市では雷を伴う5mm/h以上の大雨が予想され、予選セッションの開催が心配されている。

 悪天候が予想されるため、大会審査委員会は予選実施方法をノックアウト方式から、40分間の計時方式に変更している。

 それだけに、決勝日に向けて、この90分間のフリー走行でウエットタイヤの感触、そしてセットアップをいち早く確認したく、多くのドライバーがセッション開始からコースで周回を重ねた。

 セッション開始直後に阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)、その後スピンを喫するも、無事にコースに復帰。しかし、その後、松下信治(B-Max Racing team)がリヤを縁石に乗せたところでスピンをしてマシンストップ。ここで赤旗が提示された。

 しかし、赤旗解除後から、雨足が強まり、セッション開始から25分を過ぎた時点で大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)がトップタイム、平川亮(carenex TEAM IMPUL)、野尻智紀(TEAM MUGEN)がトップ3を形成、このあたりからさらに雨の勢いが増し、ほぼ全車がピットへ。ドライバーはマシンを降りはじめる。

 その後はウエットタイヤのスクラブのためか、数台が1周のみ走る展開が続き、ウエットでのスタンディングスタートをするドライバーも多い状況に。

 セッション終盤には雨が弱まっていき、残り20分を切ってから多くのマシンがコースイン。しかし、セッション残り3分を切ったところで山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)がスピンを喫してストップ。このセッション2度目のレッドフラッグとなり、そのままセッション終了となった。

 セッション終盤に雨は弱まったものの、午後にはさらに雨が強まる予報が出ており、計時方式に変更された14時50分からの予選セッションが懸念される。

●スーパーフォーミュラ第3戦オートポリス 5月15日土曜フリー走行タイム結果
※編集部計
Pos.No.DriverTeamEngineTime164大湯都史樹TCS NAKAJIMA RACINGHONDA/M-TEC HR-417E1'37.589220平川亮carenex TEAM IMPULTOYOTA/TRD 01F1'38.762316野尻智紀TEAM MUGENHONDA/M-TEC HR-417E1'38.763419関口雄飛carenex TEAM IMPULTOYOTA/TRD 01F1'38.79255福住仁嶺DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHONDA/M-TEC HR-417E1'39.009638坪井翔P.MU/CERUMO・INGINGTOYOTA/TRD 01F1'39.115751松下信治B-Max Racing TeamHONDA/M-TEC HR-417E1'39.471837宮田莉朋Kuo VANTELIN TEAM TOM’STOYOTA/TRD 01F1'39.55491山本尚貴TCS NAKAJIMA RACINGHONDA/M-TEC HR-417E1'39.9661014大嶋和也NTT Communications ROOKIETOYOTA/TRD 01F1'40.0391139阪口晴南P.MU/CERUMO・INGINGTOYOTA/TRD 01F1'40.062123山下健太KONDO RACINGTOYOTA/TRD 01F1'40.259136牧野任祐DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHONDA/M-TEC HR-417E1'40.6601415大津弘樹Red Bull MUGEN Team GohHONDA/M-TEC HR-417E1'40.714154中山雄一KONDO RACINGTOYOTA/TRD 01F1'40.7751636G.アレジKuo VANTELIN TEAM TOM’STOYOTA/TRD 01F1'40.8181712塚越広大ThreeBond Drago CORSEHONDA/M-TEC HR-417E1'41.3491818国本雄資KCMGTOYOTA/TRD 01F1'42.233197小高一斗KCMGTOYOTA/TRD 01F1'42.819