5月16日、大分県・オートポリスで2021年全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦の決勝レースが開催された。降雨と濃い霧により13周目にレースが中断されると、そのままレース再開を迎えることなく、16時30分に12周終了時点でのレース終了が宣言された。その結果、ポールポジションスタートから首位を守りきったジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)が初優勝を飾った。2位は阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)、3位は松下信治(B-Max Racing Team)が続いている。

■2021年全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦オートポリス 決勝結果(暫定)
天候:ウエット 路面:ウエット
Pos.No.DriverTeamEngineTime/Gap136G.アレジKuo VANTELIN TEAM TOM’STOYOTA/TRD 01F23’54.340239阪口晴南P.MU/CERUMO・INGINGTOYOTA/TRD 01F7.520351松下信治B-Max Racing TeamHONDA/M-TEC HR-417E7.754437宮田莉朋Kuo VANTELIN TEAM TOM’STOYOTA/TRD 01F8.236516野尻智紀TEAM MUGENHONDA/M-TEC HR-417E11.324615大津弘樹Red Bull MUGEN Team GohHONDA/M-TEC HR-417E17.623764大湯都史樹TCS NAKAJIMA RACINGHONDA/M-TEC HR-417E20.595814大嶋和也NTT Communications ROOKIETOYOTA/TRD 01F23.79291山本尚貴TCS NAKAJIMA RACINGHONDA/M-TEC HR-417E34.5711019関口雄飛carenex TEAM IMPULTOYOTA/TRD 01F36.012113山下健太KONDO RACINGTOYOTA/TRD 01F38.7301212塚越広大ThreeBond Drago CORSEHONDA/M-TEC HR-417E39.955135福住仁嶺DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHONDA/M-TEC HR-417E42.204146牧野任祐DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHONDA/M-TEC HR-417E46.215154中山雄一KONDO RACINGTOYOTA/TRD 01F52.310167小高一斗KCMGTOYOTA/TRD 01F1Lap-38坪井翔P.MU/CERUMO・INGINGTOYOTA/TRD 01F10Laps(リタイア)-20平川亮carenex TEAM IMPULTOYOTA/TRD 01F10Laps(リタイア)-18国本雄資KCMGTOYOTA/TRD 01F10Laps(リタイア)

*38号車 坪井翔は20号車平川亮との接触のためドライブスルーペナルティ
*4号車 中山雄一、20号車 関口雄飛、7号車小高一斗はセーフティカーラン中のオーバーランにより競技結果に5秒の加算ペナルティ
*5号車 福住仁嶺は1号車 山本尚貴との接触のため競技結果に5秒加算のペナルティ
*51号車 松下信治はスタート手順違反により競技結果に対し5秒加算のペナルティ