元レーシングドライバーのオラフ・マンタイが1996年に設立し、ニュルブルクリンク24時間をはじめ世界中の耐久レースで活躍してきたポルシェの名門チームで、2021年に創業25周年を迎えたマンタイ・レーシングが、そのブランドロゴをリニューアルすることになった。

 ドライバーとしてモータースポーツ活動を行っていたオラフ・マンタイが設立したマンタイ・レーシングは、創業当初はまだ現在のようなGT3等のカスタマーレーシングカーがない時代に、プライベーターとしてポルシェのモータースポーツ車両の開発を手掛けていた。

 さらにカスタマーの要望が多く寄せられたこともあり、モータースポーツの現場から得たノウハウを活かしたロードカーのチューニング業務も実施。いまやロードスポーツとモータースポーツの拠点としてドイツ国内および世界中に多くの顧客を抱えている。創業当時はラインブライトバッハに本拠を置いていたが、その後ニュルブルクリンク近郊のモイスパートのレース村へ移転した。

 そんなマンタイ・レーシングが、新たなコーポレートロゴを発表した。レース活動の他にもロードカーのチューニングや自社ブランドのパーツ類の開発、イベント等、多岐に渡る事業展開で成功し、業績も安定しており、今後はロゴ変更とともに『マンタイ・レーシング』から『マンタイ』へとブランドも統一する。

 新しいロゴは元のマンタイ・レーシングの赤と黒と白を継続して使用し、新ロゴには『M』の頭文字をひとつに集約。オラフ・マンタイが築き上げたレーシングDNAを継承しながら、マンタイとしてのブランドでさらなる事業発展を目指す。なお、社名としてのマンタイ・レーシングGmbHは変更しない。

 創業者オラフ・マンタイには将来後継者となる長男がいたが、父の下で働き始めた矢先の2007年に18歳の若さで急逝。その後、マンタイ・レーシングは、ニュルブルクリンク耐久シリーズ(NLS)ではアウディTT等で活躍していた実業家のニコラスとマルティンのレーダー兄弟が経営するレーダー・オートモティーブと2012年12月に合併した。

 代表取締役もレーダー兄弟へと移しており、今日に至るまでマンタイレーシングGmbHはマンタイ・レーシング、マンタイ・モータース、マンタイTZN、レーダー・モータースポーツの4つのセクションに分かれて運営されており、2013年12月にはマンタイ・レーシングの51%をポルシェへ譲渡。ル・マン24時間やWEC世界耐久選手権、ニュル24時間等のワークスチームを担っており、現在は200名以上の従業員を抱える大所帯となった。

「ブランドロゴのリニューアルにより、新たなエキサイティングなチャプターを社歴に刻めることを嬉しく思う。マンタイは近年急速に成長、発展している。長年培ったものを、新しいブランドアイデンティティにも反映されている」とマンタイレーシングGmbHのマネージングディレクターであるニコラス・レーダーはコメントしている。