スーパーGT GT300クラスやインタープロトシリーズなど、国内のさまざまなカテゴリーに参戦するK-tunes Racingは、プレイステーション4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』で同チームのレーシングドライバー、阪口晴南に挑戦することができるオンライン対戦イベント、『K-tunes Challenge Cup「阪口晴南からの挑戦状ッ!!」』の第2弾を6月27日に開催することを発表した。

 K-tunes Racingは、2020年4月から5月に発令された緊急事態宣言中、モータースポーツファンのステイホームを応援するため、自宅から参加できる『グランツーリスモSPORT』のオンライン対戦イベントとして、『K-tunes Challenge Cup「阪口晴南からの挑戦状ッ!!」』の第1弾を開催。多くの応募が集まった中、当選した11名は、スーパーGTの現役ドライバーである阪口とともに、リアルレースさながらの熱い戦いを繰り広げた。

 2021年シーズンのスーパーGTは、これまで第1戦岡山、第2戦富士の2大会が開催された。しかし、依然続く新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、5月29〜30日に予定されていた第3戦鈴鹿の開催が延期されることとなった。

 そんな中、2021年シーズンもモータースポーツシーンを盛り上げていきたいと考えるK-tunes Racingは、「自宅で過ごされる方々のストレス軽減に少しでも役立ちたい」という思いから、『グランツーリスモSPORT』のオンライン対戦第2弾の開催を決定。応募者の中から抽選で選ばれた37名は、今季スーパーGT、スーパーフォーミュラと国内トップカテゴリーを戦う阪口と対戦することとなる。

 今回の『K-tunes Challenge Cup「阪口晴南からの挑戦状ッ!!」』第2弾では、『グランツーリスモSPORT』のドライバーレーティング(DR)や、年齢制限の有無で分けられた3レースが実施される。

 3レースとも車両カテゴリーは『GR.3』となるが、レースごとに参加条件、コース、周回数など、レギュレーションが異なる。レギュレーションの詳細はK-tunes Racingの特設Webサイトで確認しておこう。なお、阪口に勝利した参加者には、阪口のサイン入り色紙が贈られるほか、全参加者にオリジナルハンカチマスクがプレゼントされる。

 エントリー受付は、2021年5月28日(金)18時から開始されている。エントリー方法はK-tunes Racingの特設Webサイトに設けられた専用フォームからとなる。なお、応募にはPlayStation®Networkのアカウントが必要だ。

 また、レースの模様は後日YouTubeのK-tunes Channelで公開される。こちらのダイジェスト映像には阪口に加え、解説にK-tunes Racingのドライバーを務める新田守男、そして岡山をベースに活動するレースアナウンサーのシャーリー半田さんが実況を担当することも発表されており、参加者にとって記録、そして記憶に残るレースとなりそうだ。

■K-tunes Challenge Cup『阪口晴南からの挑戦状ッ!!』第2弾 開催概要

開催日時:2021年6月27日(日)
第1レース 13:00〜(年齢制限なし DR:B以上 11名募集)
第2レース 14:30〜(18歳未満 DR:B以上 11名募集)
第3レース 16:00〜(年齢制限なし DR:A以上 15名募集)
参加人数:抽選で37名様
参加条件:PlayStation®Networkのアカウントをお持ちの方に限らせていただきます。
参加賞:参加された方にはオリジナルハンカチマスクをプレゼント
エントリー受付期間: 2021年5月28日(金)18時から
エントリー方法:特設Webサイトの専用フォームにてご応募ください。
特設サイトURL:https://www.oktp.jp/ktunesracing/esports/
※レースの模様は後日、YouTube・K-tunes Racing公式チャンネルにて公開