全日本ロードレース選手権第4戦筑波に向けた特別スポーツ走行が6月9日(水)・10日(木)の日程で行われている。JSB1000クラスの開催はなく、昨年はコロナ禍のために中止となっているため、2年振りの全日本ロード筑波ラウンドとなる。ST1000クラスも初開催となることから、そのラップタイムに注目が集まった。

 朝から夏を思わせる厳しい日差しの下、そのST1000クラスでトップタイムをマークしたのは、榎戸育寛(SDG Motor Sports RT HARC-PRO.)でタイムは56秒780というものだった。

「事前に筑波を走っているライダーもいますが、僕は前日のスポーツ走行から走り始めています。筑波を走るのは久しぶりですし、1000ccは初めてですが、走り出しからチームのおかげで、いいフィーリングで走ることができています。まだまだ周りもタイムアップしてくると思いますし、僕も詰めていく部分があるので、もっとアベレージを上げていきたいですね」と榎戸。

 56秒台をマークしたのは、榎戸のみ。2番手以下は、57秒台でズラリと並ぶ。豊島怜(speedHeartDOGFIGTHRACINGYAMAHA)が57秒296で2番手、3番手に津田拓也(WestPower SUZUKI)が57秒304で続いた。

 津田は、筑波を走るのは、JSB1000開催最後となった2013年以来、8年振りのことだったが「とにかく狭い!」というのが走って見た感想だった。

「久しぶりに筑波を走ったので狭く感じました。ST1000は600からスイッチしたライダーが多いので、やはり2年前に走っているからか、すごくうまいですね。走りを見せてもらって勉強になっています。路面温度も50度を超えたときに走るのは初めてでしたし、いいテストになっています。筑波は、他メーカーとの差がつきにくいので、いいレースができると思います」と津田。

 1本目にトップタイムをマークした岡本裕生(bLUcRUニトロレーシング51YAMAHA)が57秒321で4番手。「1本目で56秒台に入れておきたかったですね。2本目は、セットを外してしまいましたが、いいダメ出しができたと思えばポジティブですね。セッティングの方向性も見えて来ているので、2日目は、さらに詰めていきたいですね」と岡本。

 EWC世界耐久選手権に参戦するために欠場する高橋裕紀(日本郵便 Honda DreamTP)の代役として伊藤和輝(日本郵便 Honda DreamTP)が登場。1本目では、セッション序盤からトップタイムをマークするなど、非凡な才能を見せていたが、2本目は1コーナーで転倒。幸い怪我はなく2日目も走行できそうだ。

 6番手に57秒574の前田恵助(bLUcRU伊藤レーシングBORGヤマハ)がつけ、渡辺一馬(Astemo Honda Dream SI Racing)は、1本目はマシントラブルのために走れなかったが、2本目までに解消。2本目のみを走り57秒613で7番手となっている。8番手に57秒645の作本輝介(Astemo Honda Dream SI Racing)、9番手に57秒699の南本宗一郎(AKENO SPEED・YAMAHA)、10番手に57秒823の星野知也(TONE RT SYNCEDGE4413 BMW)と続いた。

 ST600クラスは、國峰啄磨(TOHO Racing)が57秒934でトップにつけた。

「1本目から57秒台に入れたかったのですが、タイムが出ませんでした。2本目は路面温度が上がったからかフィーリングが変わってしまい苦戦。新品タイヤを入れてもタイムが出なかったのですが、玉田さんのアドバイスで変えたセットがうまくはまりユーズドタイヤでベストタイムが出ました。今回のタイムも玉田さんのおかげです」と國峰。

 2番手には、鈴木光来(MOTO BUM HONDA)が58秒178で続いた。

「走り始めからタイムは出ていますが、路面温度が上がったために、走りづらい部分があるので、そこを改善していきたいですね。アタック中に転倒がありましたが、その原因も分かっていますし、2日目は、より走りやすいセットを追求します」と鈴木。SUGOラウンドでは、初表彰台も見えていただけに悔しい転倒リタイア。今回の筑波で表彰台に上がりたいところだろう。

 3番手に荒川晃大(MOTO BUM HONDA)が58秒242、4番手に横山尚太(ガレージL8 Racing Team・YAMAHA)が58秒279、5番手に埜口遥希(MuSASHi RT HARC-PRO.)が58秒344、6番手に阿部恵斗(Webike チームノリックヤマハ)が58秒441と続いている。

 J-GP3クラスは、小室旭(Sunny moto Planning)が1本目にマークした1分00秒628でトップタイムとなった。「2本目は、路面コンディションなのか、うまくタイムを伸ばすことができませんでした。レースに向けて、いい状態で臨めるように2日目もいろいろ試してみます」と小室。

 2番手に2本目でトップとなる1分00秒672を記録した尾野弘樹(P.MU 7C GALE SPEED )がつけた。

「筑波サーキットは、J-GP2で走った2019年が最後でしたが、軽量クラスになると2009年以来なので、実に11年振りなので、走り方を思い出すというよりも、新しいサーキットに来たような感覚でした(笑)」と尾野。足の怪我も回復してきている。今回も小室と尾野が抜きん出ており、タイトル争いは、筑波の2レースでどう転がるか注目したいところだ。

 3番手に1分01秒048の木内尚汰(TEAM PLUSONE)、4番手に1分01秒092の濱田寛太(ライダーズサロン横浜)、5番手に1分01秒107の細谷翼(realize racing team )と1分00秒台前半で続いた。

 2日目(6月10日)も同じスケジュールで各クラス2本走行が行われる予定となっている。

■ST1000 フリー走行1回目
Pos.No.RiderTeamMotorcycleTime139岡本裕生bLUcRUニトロレーシング51YAMAHAヤマハYZF-R157.32125榎戸育寛SDG Motor Sports RT HARC-PRO.ホンダCBR1000RR-R57.42531伊藤和輝日本郵便HondaDream TPホンダCBR1000RR-R57.561447豊島怜speedHeartDOGFIGHTRACINGYAMAHAヤマハYZF-R157.757540南本宗一郎AKENO SPEED・YAMAHAヤマハYZF-R157.85863作本輝介Astemo Honda Dream SI RacingホンダCBR1000RR-R57.867738前田恵助bLUcRU伊藤レーシングBORGヤマハヤマハYZF-R157.88986星野知也TONE RT SYNCEDGE4413 BMWBMW S1000RR58.044914渥美心TONE RT SYNCEDGE4413 BMWBMW S1000RR58.1311012長谷川聖Team KAGAYAMA powerdby YOSHIMURAスズキGSX-R100058.171117津田拓也WestPower SUZUKIスズキGSX-R1000R58.2091241和田留佳RS-ITOH ☆FirstStarカワサキZX-10RR58.4071319新庄雅浩AUTOBOY☆FirststarカワサキZX-10RR58.4721443村瀬健琉Team TKRスズキGSX-R1000R58.6551518柴田義将OGURA CLUTCH with RIDE IN+TPFSヤマハYZF-R158.6741617谷本音虹郎speedHeartDOGFIGHTRACINGYAMAHAヤマハYZF-R158.7021744梶山知輝RankUp ApriliaアプリリアRSV4 RF LE58.7731821松川泰宏モトバム+サイ・パートナーズホンダCBR1000RR-R59.7121948坂本崇41planning oguracluch rideinヤマハYZF-R159.9132031中澤孝之DOGFIGHTRACING・YAMAHAヤマハYZF-R11’00.2382125ジェゲデ・ゼカライヤRank Up Aprilia TTP RacingアプリリアRSV4 RF1’00.3072246鈴木孝志OGURA CLUTCH with RIDE IN+TPFSヤマハYZF-R11’00.3482329武田数馬浜松チームタイタンスズキGSX-R1000R1’00.504-4藤田拓哉JDS DOGFIGHTRACING・YAMAHAヤマハYZF-R1計測出来ず-37渡辺一馬Astemo Honda Dream SI RacingホンダCBR1000RR-R計測出来ず

■ST1000 フリー走行2回目
Pos.No.RiderTeamMotorcycleTime15榎戸育寛SDG Motor Sports RT HARC-PRO.ホンダCBR1000RR-R56.780247豊島怜speedHeartDOGFIGHTRACINGYAMAHAヤマハYZF-R157.29637津田拓也WestPower SUZUKIスズキGSX-R1000R57.30441伊藤和輝日本郵便HondaDream TPホンダCBR1000RR-R57.411538前田恵助bLUcRU伊藤レーシングBORGヤマハヤマハYZF-R157.574637渡辺一馬Astemo Honda Dream SI RacingホンダCBR1000RR-R57.61373作本輝介Astemo Honda Dream SI RacingホンダCBR1000RR-R57.645839岡本裕生bLUcRUニトロレーシング51YAMAHAヤマハYZF-R157.660940南本宗一郎AKENO SPEED・YAMAHAヤマハYZF-R157.699106星野知也TONE RT SYNCEDGE4413 BMWBMW S1000RR57.823114藤田拓哉JDS DOGFIGHTRACING・YAMAHAヤマハYZF-R157.9841243村瀬健琉Team TKRスズキGSX-R1000R58.0511341和田留佳RS-ITOH ☆FirstStarカワサキZX-10RR58.2221419新庄雅浩RS-ITOH☆FirststarカワサキZX-10RR58.2601518柴田義将OGURA CLUTCH with RIDE IN+TPFSヤマハYZF-R158.3381614渥美心TONE RT SYNCEDGE4413 BMWBMW S1000RR58.3721717谷本音虹郎speedHeartDOGFIGHTRACINGYAMAHAヤマハYZF-R158.3781844梶山知輝RankUp ApriliaアプリリアRSV4 RF LE58.8311921松川泰宏モトバム+サイ・パートナーズホンダCBR1000RR-R59.2402031中澤孝之DOGFIGHTRACING・YAMAHAヤマハYZF-R159.5272146鈴木孝志OGURA CLUTCH with RIDE IN+TPFSヤマハYZF-R159.6482248坂本崇41planning oguracluch rideinヤマハYZF-R159.9122325ジェゲデ・ゼカライヤRank Up Aprilia TTP RacingアプリリアRSV4 RF1’00.0392412長谷川聖Team KAGAYAMA powerdby YOSHIMURAスズキGSX-R10001’00.4382529武田数馬浜松チームタイタンスズキGSX-R1000R1’01.233