2021年F1にデビューしたミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンは、ともにハースF1チームで初めてのシーズンを送っている。ふたりはどのように学び、つまずき、成長していくのか。キャラクターの異なるふたりのルーキーのデビューシーズンを、英国人ジャーナリスト、クリス・メッドランド氏が観察していく。今回は第6戦アゼルバイジャンGP編だ。

────────────────────────────

 アゼルバイジャンの週末をハースはとても良い結果で締めくくることができた。だが、日曜日の最後の数百メートルで、一歩間違えれば恐ろしい事故につながりかねない出来事も起き、チーム代表は事の収拾に当たらなければならなかった。

 ニキータ・マゼピンは、モナコではミック・シューマッハーのような大きなミスを犯すことなく、落ち着いてレースに取り組んでいたが、バクーでは少し以前の状態に戻ってしまったようだ。モナコで少し自信をつけたせいかもしれない。

 マゼピンはFP1で限界まで攻めた結果、ターン16でスピンしてバリアにぶつかり、リヤウイングを壊してしまった。

 FP1でのマゼピンには、マックス・フェルスタッペンをブロックして怒らせるという一件もあった。ハースのドライバーが他チームのドライバーの妨害をする問題が、今年何度も起きている。ドライバーがエンジニアの警告に従っているのかどうか、エンジニアが適切な警告を行っているのかどうかを含め、チーム内で話し合い、きちんと解決すべき時が来ているのではないか。

 マゼピンは、予選前にターン15の出口で壁にぶつかるというインシデントを起こした。ここは土曜にフェルスタッペンもクラッシュするなど、何人ものドライバーが事故を起こしている場所だが、マゼピンは無事にガレージに戻ることができた。

 一方のシューマッハーは比較的スムーズに週末を過ごし、予選でチームメイトよりいい成績を収めた。ハースにとって良かったのは、いくつかインシデントがあったにもかかわらず、マゼピンはシューマッハーから0.1秒以内の差で続いており、2台ともまずまずのパフォーマンスを見せていたことだろう。

 日曜に期待をかけていたであろうハースだが、レース終盤に起きた出来事が彼らを失望させる結果となった。

■大事故を引き起こしたかもしれないマゼピンの動き。チームは問題解決と強調

 序盤、マゼピンはターン4で直進してしまい、ランオフエリアから抜け出さなければならなかった。このミスはその後に大きく響いた。早い段階で周回遅れにされ、セーフティカー出動によって周回遅れを取り戻すことができたが、集団に追いつく前にレースが再開され、大きく遅れを取ることになったのだ。

 シューマッハーは順調に走行していたものの、ハースのマシンはウイリアムズには全く太刀打ちできず、自分自身のレースに集中して走るしかない状況だった。しかし終盤に赤旗中断となり、残り数周に向けて改めてレースが行われることになり、そこで戦うチャンスが訪れた。

 ターン1でルイス・ハミルトンが直進し、後退したため、ハースの2台がメルセデスに先行するという珍しい状況になった。ハースのふたりは残り2周、ハミルトンを抑えきるだけの速さを発揮してみせた。マゼピンはチームメイトを抜き去り、そのまま前の位置を守り切るかに思われた。しかしシューマッハーはスリップストリームを利用して完璧なタイミングで反撃に出た。

 そこで危険な出来事が起きた。マゼピンはシューマッハーをブロックしようと、直線で極端に遅いタイミングでステアリングを切った。そのため、ふたりは時速200マイルで衝突しそうになったのだ。シューマッハの左フロントタイヤは、チームメイトの右リヤタイヤから数センチしか離れていなかった。もし接触していたら、あのスピードでは大事故になっていたかもしれない。

「今のは何なんだ! 正気か? あいつ、僕たちを殺す気かよ!」 シューマッハーは無線で憤り、マゼピンに向かって怒りを示す仕草をした。

 レース直後、チーム関係者からは、マゼピンの行動を問題視している人々も多いと聞いたし、FIAレースディレクターのマイケル・マシも、この件について後日詳しく調査するという意向を示した。だが、チーム代表ギュンター・シュタイナーは、ドライバーふたりと話をし、この問題の収拾を図ったと主張している。

 ジョージ・ラッセルがリタイアし、ニコラス・ラティフィがペナルティを受けたため、ハースの2台は13位と14位という、今季ここまでベストの成績を上げた。その結果、コンストラクターズ選手権において、ハースはウイリアムズを抜いて9位に浮上。いくつかの問題がありつつも、ハースは最終的にはポジティブな結果を得て、第6戦を終えることになった。