6月18〜20日にザクセンリンクで開催される2021年MotoGP第8戦ドイツGPでマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)はレトロなデザインを施したスペシャルヘルメットを使用する。

 マルケスは長年ショウエイヘルメットを使用しており、昨年末に4年間の契約更新をしたことで少なくとも2024年まで継続して着用することが決定している。

 スペシャルヘルメットを除き、通常は蟻が描かれたデザインのヘルメットを使ってきたマルケス。MotoGP第8戦ドイツGPでは1970年代から1980年代にWGPを戦っていたライダーのヘルメットデザインにインスパイアされ、レトロなデザインのヘルメットを使用する。

 使用するヘルメットは、FIMの安全規格FRHPhe-01の認証を取得している公認ヘルメットで、X-シリーズの最上位モデルとなるX-Fourteenだ。