現代の高性能コンパクト・スポーツとして『BMW M2 CS』をベースにBMWモータースポーツ社が開発を手がけたサーキット専用のカスタマー・レーシング“エントリー”モデル『BMW M2 CS Racing』が、この日本市場でも本格販売を開始。BMW Mモデルのレース仕様車両を販売する国内唯一の"BMW Mモータースポーツ・ディーラー"に指定された株式会社モトーレン東都にて、6月28日より購入受付が開始されている。

 伝統のニュルブルクリンク24時間耐久レースなど、すでに欧州ではモータースポーツ愛好家を中心にカスタマー・レーシング・モデルとして実戦デビューを飾っている『BMW M2 CS Racing』は、BMWモータースポーツ社が開発したサーキット専用モデルとして、レースでの高いパフォーマンスを発揮しながらも、あらゆるレベルのドライバーを想定した扱いやすい仕様に仕立てられた。

 すでにこの2021年5月開催のスーパー耐久シリーズ 2021 Powered by Hankook 第3戦『NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース』にも投入され、無事ST-1クラス完走を果たしている同車は、伝家の宝刀でもある3.0リッター直列6気筒Mツインパワー・ターボに、モータースポーツ専用のソフトウェアにより制御される7速DCTを搭載し、最大トルク550Nm/2350〜5500rpmを発揮する。

 この出力レベルは、レース規定に応じて“パワー・スティック”と呼ばれるUSBによって設定調整が可能であり、レース毎に設定されるBOP(性能調整)に応じてパフォーマンス・レベルのプログラミングおよび呼び出しが可能となっている。

 このパワー・スティックによりECUにプログラムを追加することで280〜365PSの間に設定可能で、車両購入後に個人でパーツ等を追加することで最高出力450PS/6250rpmまで対応する設計に。と同時に、販売時から450PSまで引き上げられたモデルも設定される。

■365PSのベース・バージョンは1499万円

 その他、この『BMW M2 CS Racing』専用に製造されたドライブシャフトや、タイヤの左右回転差を抑制するプリロード型の個別冷却システムを備えた機械式LSD(リミテッド・ステップ・ディファレンシャル)を標準装備。

 コクピット内も、ステアリングには着脱可能なBMW Motorsportステアリングを採用しながらチルト&テレスコピック機構が残され、サベルト製Taurus XLシートにシュロス製6点式セーフティ・ハーネスを装着。さらに快適装備として電動調節式サイドミラーやエアコン、ヒーター付フロント・ウインドーも備える。

 また、ABSやDSCなどのドライビング・アシスト・システムもレース仕様にセッティングされており、ビギナー・ドライバーでもより安全に車両操作が可能になるよう配慮された。エアジャッキ・システムも標準装備され、メンテナンスの容易さとともに即実戦が可能な装備が整っている。

 現時点の日本では想定参戦カテゴリーの選択肢が少なくトラックデイが中心となるが、ゆくゆくはワンメイクの実施も検討されている『BMW M2 CS Racing』。左ハンドル仕様でベース・バージョンの価格が1499万円(税込)。同450PSバージョンが1799万円(税込)となっている。
BMW カスタマー・インタラクション・センター:フリーダイヤル:0120-269-437
BMW インターネット・ウェブサイト:http://www.bmw.co.jp
株式会社モトーレン東都:https://www.totobmw.com/motorsport/