2021年F1第8戦シュタイアーマルクGPの予選が行われ、ポールポジション〜5番手に入ったドライバーたちが土曜日を振り返った。ポールポジション〜5番手に入ったドライバーはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、ランド・ノリス(マクラーレン)、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)だ。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
バルテリ・ボッタス 予選=5番手
 今日はポール争いをしたいと思っていたけれど、実際には無理だったね。先週末よりも僕たちが少し後退したか、他のチームが進歩したかのどちらかだろう。思っていたよりも0.1秒か0.2秒足りない。今週末、マクラーレンはC5コンパウンドでパフォーマンスを見つけ出したね。彼らのマシンにはよく合っているようだ。

 予選に比べれば、レースペースの面では多少状況はいいはずだ。今回、マシンセットアップはレースペースに重点を置いて進めてきたからね。今日のことから学習する必要があるが、明日はチームのためにいい結果を出すことができると思っている。決勝ではレッドブルと戦えるのではないかという期待を今も持っているんだ。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 予選=4番手
 今週末は先週よりさらに苦労している。前回と同様にペースが足りないんだ。マシンからできるだけ多くのパフォーマンスを引き出そうとしてあらゆることを試したけれど、根本的なペースは今のところ不十分だ。今後のレースのなかで、パフォーマンスを見つけていく必要がある。

 マクラーレンがアップグレードを持ち込んだのかどうか詳しいことは知らないが、今日の彼らはとてつもなく速かった。ランド(・ノリス)は素晴らしい仕事をしたね(注:予選2番手)。

 僕たちがやるべきことは、ひたすら改善を目指すことだけだ。まだ今シーズンは長い道のりが残っている。

 気温が上がるなかで、レッドブルは前進し、僕たちは後退した。明日どうなるか、見ていこう。

(予選後の記者会見で、ポールのマックス・フェルスタッペンと優勝争いをするのは不可能だと思うかと聞かれ)そう思う。純粋なペースを考えると、不可能なのは間違いない。

 彼らは2台揃って上位グリッドからスタートする。そして僕たちより0.3秒速いんだ。彼らは今週末、またさらに進歩したみたいだね。マックスは楽に勝利をつかむだろう。

(セルジオ・)ペレスの前に出られるかどうか試してみて、今週末、ダメージを最小限にとどめることが重要になるだろう。レッドブルは速すぎる。でも、順位を上げることはできるかもしれない。前のふたり(ノリスとペレス)を抜けるかどうかやってみるよ。

■レッドブル・レーシング・ホンダ
セルジオ・ペレス 予選=3番手
 チームのホームコースでとてもいい結果を出すことができてうれしい。マックス(・フェルスタッペン)とふたりでいいグリッドを確保できた。明日は、うまくスタートを決めることが重要になる。

 今週末はとても苦労してきた。バランス向上を追及し続け、マシンのあらゆる部分を調べて、走行ごとに少しずつ改善していったんだ。

 決勝をミディアムタイヤでスタートする。1回ストップと2回ストップのどちらになるかは分からない。十分なロングランをした者はいないので、判断しづらいんだ。

 最終的にいいラップを走れたが、ここに至るまで簡単ではなかった。明日は何が起きてもおかしくない。僕たちのマシンは予選より決勝での方が強いはずなので、チームのためにしっかりとポイントを獲得したいと思っているよ。

(予選2番手を獲得した)ランド(・ノリス)におめでとうと言いたい。彼は今日素晴らしいラップを走った。

■マクラーレンF1チーム
ランド・ノリス 予選=2番手
 すごくハッピーだ! 僕にとってF1での予選ベストリザルトだから、チームにとってだけでなく僕にとっても大きな成果になった。あれは今までのベストラップのひとつだよ。

 ポールポジションから0.05秒しか離れていないタイムを出せるなんて、みんなにとって素晴らしい成績だ。キャリアの初期が懐かしくなるよ。

 これ以上のことができたとは思わない。2番手は僕たちにとって最高の結果だし、素晴らしいスタートポジションだ。決勝で何ができるか楽しみだよ。

■レッドブル・レーシング・ホンダ
マックス・フェルスタッペン 予選=1番手
 Q1とQ2はとてもうまくいき、余裕があった。でもQ3では最高のラップを走れなかったので、完全に満足しているとは言えない。

 もちろんポールを獲得できたことは喜んでいる。レッドブルリンクで2戦連続、合計3戦連続でポールを獲れたのはチームにとって素晴らしいことだ。でも100パーセント満足はできない。僕は常に完璧を求めており、何がうまくいき、何がうまくいかなかったのかをいつも分析したいと思っている。そういう風に育ってきたからかもしれない。でも、そうすることで、進歩し続けることができるのだと信じている。

 レースで強いマシンに仕上がっているので、明日が楽しみだ。チェコ(ペレス)が3番グリッドにつけたことも、チームにとっていいことだよ。一緒にプッシュしていき、大量のポイントを獲得できればいいね。

 ランドのラップは素晴らしかった。今週末、彼らはとても近い位置にいるよね。ただ、明日の決勝で彼らが僕らにとってメインのライバルになるとは思っていない。

 パッケージ全体にとても満足している。この数戦、マシンとエンジンがとてもよく機能しているんだ。だから明日に向けて自信を持っているよ。もちろん簡単にはいかないだろう。先週のレースより一段階ソフト寄りのコンパウンドを使っているので、決勝でタイヤをうまく管理して走るのは大変な仕事になる。ライバルも強力だと思うしね。

 今回、オレンジアーミーがグランドスタンドに戻ってきたのを見ることができて最高の気分だった。久しぶりのことだからね。彼らはここに来て、楽しんで応援してくれている。それを見ることができてうれしいよ。

(予選直後にチームに対して不満を示したことについて聞かれ)もちろん、またポールポジションを獲れたことはうれしいが、別の形で獲りたかった。Q3はうまくいかなかったからね。

 コースに出て行った時、自分が先頭であることを知った。あれほどストレートでロスをすると思っていなかった。これは次回に向けて理解すべき問題だ。ああするよりはボックスにとどまっている方がいい。