今年のル・マン24時間レースにポルシェ911 RSR-19で参戦するハブオート・レーシングは、LMGTEプロクラスを戦うドライバーラインアップを発表し、ドリス・ファントールとアルバロ・パレンテ、さらにマキシム・マルタンがチームに加わったことを明らかにした。

 このトリオは8月21〜22日に決勝が行われる89回目のル・マンで、ハブオートの72号車ポルシェをドライブし、フェラーリとポルシェ、コルベットのワークスチーム、およびウェザーテック・レーシングのプライベーター・ポルシェとGTEプロクラスで競うことになる。

 ル・マンのディフェンディングウイナーであるマルタンは昨年、アストン・マーティン・レーシングのバンテージAMRを、アレックス・リンとハリー・ティンクネルとシェアして同クラスの優勝を飾った。しかし、アストンマーティンが昨シーズン限りでワークスプログラムを終了したため、当初はル・マン連覇の可能性を有していなかった。

 そんなマルタンのチームメイトになるファントールは、ファナテックGTワールドチャレンジ・ヨーロッパの現チャンピオンであり、今季の同シリーズにおいてもチャンピオンシップをリードしている。
 
 このアウディワークスドライバーはル・マンでも活躍。2017年にはウィル・スティーブンス、ロブ・スミスとのチームでJMWモータースポーツのフェラーリ488 GTEをドライブし、GTEアマでクラス優勝を果たした。

 パレンテはファントールと同様に、2017年以来のル・マン復帰となる。彼は当時GTEアマクラスに参戦していたクリアウォーター・レーシングのフェラーリをドライブしており、それ以前には2014年にRAMレーシングからフランスのエンデュランスクラシックに出場していた。

「マキシム、アルバロ、ドリスのスキルと、ハブオート・レーシングの技術力がうまく融合することを大いに期待している」と語るのは、チームオーナーのモーリス・チェン。

「3人のドライバーは全員が優れた才能を持っており、過去のル・マン24時間レースで活躍してきた。ハブオート・レーシングにとって彼らが参加してくれることは素晴らしい機会であり、同時にこの一流のイベントに向け、素晴らしいラインアップが揃ったと確信している」

 なお、先月発表されたル・マン24時間レースのエントリーリストでは、ハブオートのドライバー欄にヘイキ・コバライネンとニック・キャシディの名前がファントールの隣に記されていたが、チームはこのときドライバーラインアップを発表していなかった。

 ハブオートが新しいドライバーラインアップを発表したことで、TGR TEAM SARDで中山雄一とコンビを組む元F1ウイナーのコバライネンは、ル・マンと同じ週末にリスケジュールされたスーパーGT第3戦鈴鹿に出場するものと思われる。