初のスプリント予選システムが導入されるF1第10戦イギリスGPに向けて、特別に定められたタイヤ規則の詳細をピレリが説明した。

 F1はグランプリの週末全体をより盛り上げるためのアイデアとして、2021年シーズンの3戦に限り、土曜にスプリントレースを開催することを決めた。金曜にはフリープラクティス1(1時間)の後に、通常の形式の予選が開催され、土曜にはフリープラクティス2(1時間)と、予選順位をグリッドとする“スプリント予選”あるいは“F1スプリント”と呼ばれる約100kmのレースが行われる。スプリント予選の順位は、そのまま日曜のメインレースのグリッドとなる。

 ピレリはイギリスGPの週末、昨年のシルバーストンでの最初のレースと同様の3種類、ホワイトハードとしてC1、イエローミディアムとしてC2、レッドソフトとしてC3を選択した。シルバーストンはタイヤへの負荷が高いため、最もハード寄りのセレクトが行われている。

 また、アゼルバイジャンGPでのタイヤ事故を受け、オーストリアGPで全ドライバーがテストした新たなコンストラクションのリヤタイヤが、イギリスGPからシーズン最後まで導入される。このタイヤは従来のものより頑丈な構造を持つものの、重量に変化はない。

 イギリスGPでは、F1が“F1スプリントシリーズ”と呼ぶフォーマットが初めて導入されるため、特別な規則が適用される。タイヤセット数は、通常とは異なり、1台あたりスリック13セットではなく、1セット少ない12セットが支給される。内訳は、ハード2セット、ミディアム4セット、ソフト6セットで全員同一だ。その他に、ウエットコンディション用に、インターミディエイト6セットとフルウエット3セットが準備される。

 F1スプリント・フォーマットにおいては、他にも大きな規則変更が行われる。

 金曜予選は、通常の予選と同じく、Q1、Q2、Q3と3段階で台数を絞り込んでいく形式で行われるが、ドライバーたちはソフトタイヤしか使用できない。また、トップ10に残ったドライバーたちはQ2で自己ベストタイムを記録したタイヤでレースをスタートしなければならないという取り決めは、撤廃される。土曜のスプリント予選ではタイヤを自由に選んで走ることができ、ピットストップの義務もない。日曜決勝では、通常どおりタイヤ交換の義務はあるが、スタートタイヤは自由に選択できる。

 タイヤ以外については、スプリント予選では優勝者に3点、2位に2点、3位に1点が与えられることが明らかになっている。しかし表彰台のセレモニーはなく、正式な記録上は、この結果は優勝獲得や表彰台獲得にカウントされない。

 また予選時からマシンはパルクフェルメ状態に置かれ、コンポーネントの変更などが制限されるが、安全上の配慮から、特別にいくつかのパーツの交換や調整が許可されることが新たに定められた。