7月14日、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権に参戦するB-MAX RACING TEAMは、栃木県のツインリンクもてぎで開催される8月27日(土)〜28日(日)の第5大会、10月15日(土)〜17日(日)の第6大会で、2台目の車両を投入し、神晴也を起用すると発表した。

 B-MAX RACING TEAMは、今季スーパーフォーミュラ・ライツで名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)を起用し参戦しており、第4大会を終えて名取はランキング首位をキープ。チャンピオンを見据えている。

 そんなチームは、8月の第5大会、10月の第6大会で2台目となる52号車を投入し、これまでALBIREX RACING TEAMからスーパーフォーミュラ・ライツにスポット参戦した経験をもつ神を起用することになった。神は2017年にFIA-F4選手権にスポット参戦。2018年にはスーパーFJもてぎシリーズでチャンピオンを獲得しており、2020年、2021年にスポット参戦したスーパーフォーミュラ・ライツでもポイント獲得を果たしている。

 B-MAX RACING TEAMでは、2022年を見据え、神と同年代のドライバーたちをライバルとするべく起用を決定することになった。終盤2大会にB-MAX RACING TEAMからは名取と神、またB-MAX ENGINEERINGからは3台が参戦するとしている。

B-MAX RACING TEAM #52参戦体制
ドライバー:神 晴也
カーナンバー:52
車名:TBN
エンジン:スピースA41