2021年F1第10戦イギリスGPのレース後、優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)に劣らぬほどの注目をパドックで集めていたのが、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表だった。なぜなら、このレースの最大のハイライトは、ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と、2番手からスタートしたハミルトンが、オープニングラップで激しくバトルした末に、9コーナーのコプスで接触事故を起こしたことだったからだ。

 幸いにもフェルスタッペンは自力でマシンを降りたものの、FIAのドクターの指示で地元の病院へ検査を行うために搬送され、レース後のパドックにはいなかったため、代わりにホーナーにメディアが殺到した。

「イギリスGPのレースウイークをこういう形で終えることになるのは本当に厳しい。あのような激しいクラッシュにも関わらず、マックスが自力でマシンを降りてこられたことが唯一の救いだ」

 ホーナーはさらにこう続けた。

「映像を何度も見返したが、コプスのようなF1のなかでも最速のコーナーのひとつで、イン側からホイールを向けてくるというのは間違った判断で、ルイスが両ドライバーを多大なリスクにさらしたと感じざるを得ない。接触の瞬間を見てわかるように、ルイスはマックスに並びかけておらず、ルイスの左フロントがマックスの右リヤに当たっている。この動きによって、マックスは51Gもの衝撃とともにバリアに激突した」

 ホーナーは事故の後、国際自動車連盟(FIA)のF1レースディレクターを務めるマイケル・マシにインターコムで次のように連絡も取っていた。

「あのコーナーを見てほしい。あれは100%マックスのコーナーだった。責任は完全に(後方にいた)ハミルトンにある。彼(フェルスタッペン)が無傷だったことを神に感謝している。適切に扱ってくれることを願っている」

 その後、FIAはこの事故を審議の対象とし、レース審議委員会に審判を仰いだ。そして、レース審議委員会が下した判断は10秒のタイムペナルティだった。

 レッドブル・ホンダとしては納得がいかない処分だが、審議を覆すことはできない。唯一、できることはピットレーンからスタートし、赤旗再開後も最後尾からスタートすることになったチームメイトのセルジオ・ペレスをいかに活用するかだった。果たして、レッドブル・ホンダが採った判断は、レース終盤、10番手を走行していたペレスをピットインさせ、タイヤ交換後にファステストラップを狙うことだった。

 その時点でファステストラップはハミルトンが持っていた。このままレースが終了すれば、ハミルトンはレース優勝の25点に加え、スプリント予選2番手の2点、そしてファステストラップの1点の合計28点を加点する。

 10番手のペレスがピットインすれば、入賞圏外へ脱落し、たとえファステストラップをとってもポイントは加点されない。つまり、レッドブル・ホンダはコンストラクターズ選手権の1点を失っても、ドライバーズ選手権でハミルトンの1点を阻止することを選択したのだ。

 レース後、日曜日の午後10時すぎ、レッドブルは声明を出した。

「イギリスGPのコプス・コーナーで発生したマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの接触事故について、マックス・フェルスタッペンがマシンから離れ、直ちにシルバーストン・サーキット・メディカル・センターに運ばれたことを確認した。シルバーストン・サーキット・メディカル・センターのトラックサイド・ドクターによる診断の後、マックスはさらなる検査と観察のためにヘリコプターでコベントリー病院に搬送された。徹底的な検査の結果、大きなケガもなく、今晩22時に退院した」

「マックスとチームは、シルバーストンとコベントリー病院の両方で素晴らしいケアを提供してくれたコースサイドのマーシャルと医療スタッフに感謝している」

 最後にホーナーはこう言った。

「チャンピオンシップでは我々がまだリードを保っているが、今日の出来事はチャンピオンシップ獲得に向けて、我々の闘志にさらなる火をつけた」