2020年シーズンのFIA-F2選手権でミック・シューマッハーに次ぐランキング2位となったカラム・アイロットが8月21〜22日、フランスで行われるル・マン24時間レースにデビューし、LMGTEアマクラスを戦うアイアン・リンクスのフェラーリ488 GTE Evoをドライブする。

 現在アルファロメオF1のリザーブドライバーを務めているアイロット。彼はアイアン・リンクスのチーム代表兼ドライバーであるアンドレア・ピッチーニに代わって80号車フェラーリのドライバーを務める予定だ。

 22歳のアイロットがル・マンに出場するのは今回が初めて。このイギリス人ドライバーは、今月末にベルギーで開催されるトタルエナジーズ・スパ24時間レースで24時間レースへのデビューを果たすが、そこから1カ月も経たない内に2度目の耐久レースを迎えることになる。

 彼は今年初めに、フェラーリワークスがサポートを行うアイアン・リンクスからスポーツカーレースに初参加。ファナテックGTワールドチャレンジ・ヨーロッパのエンデュランスカップに登場した。今月29日から8月1日にかけて開催されるスパ24時間についても、同チームからのエントリーとなっている。

 スパ24時間を含め、GTワールドチャレンジで使用されるのはフェラーリのGT3カーだが、ル・マンでは同じフェラーリ488ベースながら、より強力なレーシングマシンである488 GTE Evoを初めて走らせることになるアイロット。彼はWEC世界耐久選手権第4戦としてカレンダーに組み込まれる伝統の1戦で、マッテオ・クレッソーニ、リーノ・マストロナルディと80号車フェラーリのステアリングをシェアする。

 アイロットは今年4月、Sportscar365に対し「F1のフル参戦が第一の目標であるものの、フェラーリが2023年のWECに向けてル・マン・ハイパーカー(LMH)を開発していることを考えると、今がスポーツカーレースに参加する『良いタイミング』である」と語った。

 今回アナウンスされたル・マン初参戦について、このイギリス人ドライバーは「アイアン・リンクスとフェラーリの一員としてル・マン24時間レースに参加できることになったのは、本当に名誉なことだ。このチャンスを断ることは到底できなかった」と述べている。

「そこではイギリス人ドライバーが活躍する素晴らしい伝統があり、僕自身もル・マンの歴史に貢献することを目指しているんだ」

■アイロットの起用で「フェラーリ、およびFDAとの関係が強化」とチーム代表

 ピッチーニ氏は「カラムは我々のドライバーラインアップに強さを加える素晴らしい存在だ」とコメント。

「私たちはGTカーレースに挑戦する彼の多才さに非常に感銘を受けた。これからの数週間はル・マンに向け、ともに努力していきたいと思っており、それを楽しみにしている」

「ル・マンで彼を走らせることでフェラーリ、およびフェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)との関係がさらに強化される。ほんの数週間前にアイアン・リンクスがプレマと力を合わせて以来、レースのあらゆる分野でチャンスが広がっているんだ」

 アイアン・リンクスは先週末のWEC第3戦モンツァでシリーズにデビューしたサラ・ボビーが、母国戦となるル・マン24時間でもGTEアマクラスのクルーに加わり85号車フェラーリをドライブすることを発表した。ボビーはラヘル・フライ、ミシェル・ガッティンとチームを組む予定だ。

 一方、クラウディオ・スキアボーニとパオロ・ルベルチ、ラファエル・ジャンマリアの3名は、引き続き60号車フェラーリのドライバーとして残っている。