ヨーロッパやアジアなどに続き、この6月末にブラジル・インテルラゴスで開幕を迎えた南米大陸を主戦場とするTCR規定の新リージョン選手権、TCRサウスアメリカ・シリーズの2021年第2戦に向け、世界戦レギュラーとして活躍する豪華スタードライバーの参戦が決定した。

 WTCR世界ツーリングカー・カップでFK8型ホンダ・シビック・タイプR TCRをドライブするエステバン・グエリエリ(ALL-INKL.COM・ミュニッヒ・モータースポーツ)と、同じくWTCRでは第2世代アウディRS3 LMSを、そしてTCRヨーロッパでは初代アウディRS3 LMSのステアリングを握るトム・コロネル(コムトゥユー・DHLチーム・アウディスポーツ)が、ともに慣れ親しんだモデルで160kmの耐久戦に挑む。

 南米大陸4つの開催国で構成されたカレンダーで、初年度全8戦のイベント開催国がアナウンスされているTCRサウスアメリカだが、現状は主要国と言えるブラジルとアルゼンチンがそれぞれ最多の3戦ずつを実施し、その間にウルグアイを挟んでチリで最終戦を迎えるスケジュールが予定されている。

 そのうち特徴的な試みとして、コドライバー登録によりピット作業時のドライバー交代を盛り込んだ2戦の耐久レースが組み込まれており、その初戦となる7月24〜25日開催の第2戦ブラジル・クリティバでのラウンドに向け、グローバルに活躍を演じるスター選手の招聘が決定した。さらにシーズン後半の耐久イベントもう1戦には、10月2〜3日のアルゼンチン・ブエノスアイレス戦が予定されている。

 このエンデュランス・イベントでアウディRS3 LMSに乗ることが決まったコロネルは、こちらも今季初開催を迎えた電動ツーリングカー『PURE ETCR(ピュアETCR)』にもレギュラー参戦するロドリゴ・バプティスタ(アウディRS3 LMS/コブラ・レーシング)とペアを組み、初代アウディRS3 LMSをシェアする。

 開幕戦のホセ-カルロス・パーチェのオープニングヒートでは3位表彰台も獲得し、電動シリーズでは『アルファロメオ・ジュリアETCR』を乗りこなす24歳の新鋭とともに、地元SCBストックカー・ブラジル参戦中には“Nonô(ノノ)”の愛称で親しまれた元人気選手、フラビオ・フィゲレイド率いるコブラ・レーシングから1時間の耐久戦に挑むこととなった。

■グエリエリのチームメイトはTCRヨーロッパへの参戦経験も持つホセ-マヌエル・サパーグ

 一方、世界戦では長年にわたりホンダ陣営のエースとして活躍するアルゼンチン出身のグエリエリは、その母国アルゼンチン勢としてシリーズに参戦中のスクアドラ・マルティーノとジョイント。

 現在は同国最大のシリーズであるスーパーTC2000(STC2000)で、プーマ・エナジー・ホンダ・レーシングに所属し、TCRヨーロッパへの参戦経験も持つホセ-マヌエル・サパーグとタッグを組み、こちらも隅々まで知り尽くすFK8型ホンダ・シビック・タイプR TCRをドライブする。

 その他、現時点で参戦決定済みのペアリングには、電動ワンメイクのジャガーI-Pace eTrophy参戦経験を持つセルジオ・ヒメネスと、今季SCBにも参戦中のベテラン、ベト・モンテイロ組の新型ヒュンダイ・エラントラN TCR(CJモータースポーツ)や、直近のIMSAミシュラン・パイロット・チャレンジのライムロック戦で2位表彰台を獲得したロイ・ブロック/ティム・ルイス組のエントリーも決定。

 ふたりはIMSA同様にブラジルに拠点を置くプロップカー・チームを母体とするKMWモータースポーツ・ウィズ・TMRエンジニアリングのアルファロメオ・ジュリエッタ・ヴェローチェTCRで参戦し、同じくプロップカー・チームからサウスアメリカ・シリーズに参戦中のファビオ・カサグランデは、ジャック・ヴァンスとのペアでもう1台のジュリエッタを走らせることがアナウンスされている。