Buzz presents 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第13戦は8月28日、栃木県のツインリンクもてぎで14周の決勝レースが行われ、佐藤蓮(TODA FIGHTEX)がポール・トゥ・ウイン。今季2勝目を飾った。2位は名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)、3位はジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM'S 320)となった。

 11時に行われた公式予選に続き、16時30分にフォーメーションラップがスタートしたスーパーフォーミュラ・ライツ第13戦。この日は雷雨の予報も出ていたが、第13戦の決勝スタートは雲はあるものの、晴天のもと迎えた。

 スタートでは、ポールポジションの佐藤が好発進を切る一方で、2番手スタートのアレジがやや遅れ、3番手スタートの名取が先行。アレジは4番手スタートの河野駿佑(RS FINE K&N 320)はおさえ、3番手につけた。

 レースは序盤から佐藤と名取のマッチレースとなっていき、4周目の90度コーナーでは一瞬名取が佐藤のインにマシンを振るも、オーバーテイクには至らず。2台は1秒以内の差でレースを戦っていった。

 ただ、上位陣の順位は14周のフィニッシュに至るまで変動することはなく、そのままチェッカー。ポール・トゥ・ウインを飾った佐藤が第2戦鈴鹿以来となる今季2勝目を飾った。名取は2位で7ポイントを加算し、3位となったアレジとの点差を29から31に広げている。4位は河野、5位はスタートで順位を上げた野中誠太(Kuo カローラ中京 TOM'S 320)に。6位は三宅淳詞(MAX RACING 320)となった。

 マスタークラスは今田信宏(JMS RACING with B-MAX)がポール・トゥ・ウイン。今季8勝目を飾り、2021年のマスタークラスチャンピオンを決めた。

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権
第13戦ツインリンクもてぎ 決勝結果
PosMNoDriverCar NameTeamLapsGridQualify12佐藤蓮TODA FIGHTEXTODA RACING1411’45.270250名取鉄平Byoubugaura B-MAX Racing 320B-MAX RACING TEAM1431’45.426336G.アレジDeloitte. TOM’S 320TOM’S1421’45.382435河野駿佑RS FINE K&N 320RS FINE1441’45.49351野中誠太Kuo カローラ中京 TOM’S 320TOM’S1461’45.724610三宅淳詞MAX RACING 320ルーニースポーツ1451’45.663752神晴也Byoubugaura B-MAX Racing 320B-MAX RACING TEAM1471’45.854830DRAGONTEAM DRAGON B-MAX 320B-MAX ENGINEERING1491’47.7929M4今田信宏JMS RACING with B-MAXB-MAX ENGINEERING1481’47.60310M51SYUJIB-MAX ENGINEERING 320B-MAX ENGINEERING14101’50.659
天候:晴れ 路面:ドライ
ファステストラップ:佐藤蓮(TODA FIGHTEX) 1'46.090 10/14