9月4日、SROモータースポーツ・グループはGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ、GT4ヨーロピアン・シリーズ、さらにGTワールドチャレンジ・アメリカ、GT4アメリカ等を含むSROアメリカのカレンダーを発表した。

 GT3カーで争われるGTワールドチャレンジ・ヨーロッパは、2022年も3月にポールリカールで開催されるテストデーからスタートし、モンツァでのエンデュランスカップからスタート。ブランズハッチ、マニクールとスプリントが続き、ポールリカールでのエンディング、ザントフールトでのスプリントと続き、多くのエントラントはそのままスパ24時間のテストデーへ。スプリントのミサノを挟み7月28〜31日にスパ24時間が行われ、5週間のサマーブレイクとなる。

 終盤はエンデュランスカップのホッケンハイム、スプリントのバレンシア、さらに最終戦はエンデュランスのバルセロナとなる。SROでは、今季のスケジュールのうち9サーキットが据え置きで、「継続性への強いコミットメント」であるとしている。

 GT4カーで盛況となっているGT4ヨーロピアン・シリーズも、2021年からはわずかな変更となっており、モンツァを開幕にポールリカール、ミサノ、スパ24時間併催のスパ・フランコルシャン戦、ホッケンハイム、バルセロナというシーズンを送る。

 GTワールドチャレンジ・アメリカ、ピレリGT4アメリカ、またツーリングカーで争われるTCアメリカ・バイ・スキップ・バーバー・レーシングスクール、GT2、GT3、GT4で争われるGTアメリカによるSROアメリカは、4月のソノマを開幕にバージニアやワトキンスグレンなどをまわり、GTアメリカのみが行われるナッシュビルはインディカーとの併催となる。最終戦のインディアナポリスまで全8戦がスケジュールされている。

GTワールドチャレンジ・ヨーロッパ
2022年スケジュール(9/4)
RoundE/SDateCircuitNationalityTestDay3月8〜9日ポールリカールフランス1エンデュランス4月8〜10日モンツァイタリア2スプリント4月30日〜5月1日ブランズハッチイギリス3スプリント5月13〜15日マニクールフランス4エンデュランス6月3〜5日ポールリカールフランス5スプリント6月17〜19日ザントフールトオランダTestDay6月21〜22日スパ24時間テストデーベルギー6スプリント7月1〜3日ミサノイタリア7エンデュランス7月28〜31日トタルエナジーズ・スパ24時間ベルギー8エンデュランス9月2〜4日ホッケンハイムドイツ9スプリント9月16〜18日バレンシアスペイン10エンデュランス9月30日〜10月2日バルセロナスペイン

GT4ヨーロピアン・シリーズ
2022年スケジュール(9/4)
RoundDateCircuitNationality14月8〜10日モンツァイタリア26月3〜5日ポールリカールフランス37月1〜3日ミサノイタリア47月28〜31日スパ・フランコルシャンベルギー59月2〜4日ホッケンハイムドイツ69月30日〜10月2日バルセロナスペイン

SROアメリカ 2022年スケジュール(9/4)
RoundDateCircuit14月15〜17日ソノマ・レースウェイ25月20〜22日TBA36月10〜12日バージニア・インターナショナル・レースウェイ47月22〜24日ワトキンスグレン・インターナショナル58月5〜7日ナッシュビル・ミュージックシティ・グランプリ(GTアメリカのみ)68月19〜21日ロードアメリカ79月23〜25日セブリング・インターナショナル・レースウェイ810月7〜9日インディアナポリス・モータースピードウェイ