WRC世界ラリー選手権に参戦しているTOYOTA GAZOO Racing WRTは9月9〜12日、ギリシャで行われる第9戦『アクロポリス・ラリー・ギリシャ』に臨む。チームは今回もセバスチャン・オジエ、エルフィン・エバンス、カッレ・ロバンペラにトヨタ・ヤリスWRCを託し今季7度目の優勝と、ランキングトップに立っているドライバー、コドライバー、マニュファクチャラー各選手権のリード拡大を目指して戦っていく。

 ギリシャのアクロポリス・ラリーは1951年に初開催された伝統あるグラベル(未舗装路)ラリーのひとつ。WRCでは1973年シーズンから組み込まれ、毎年のように開催される人気イベントとなった。しかし、ヤリ-マティ・ラトバラが制した2013年大会を最後に世界選手権のカレンダーから外れ、以降WRCイベントとしては実施されてこなかった。

 そんな伝統のラリーが今年8年ぶりに世界最高峰シリーズに復活する。以前のアクロポリス・ラリーは、大きな石も多数転がっている非常に荒れたグラベル路面を走行し、大きなダメージを負うクルマがとても多いことから“カーブレイカー・ラリー”とも呼ばれていた。
 
 だが路面は年々良くなっていき、とくに今年は主催者が力を入れて路面を整備したことから比較的良好なコンディションの道での戦いになることが予想されている。とはいえ9月のギリシャは日中気温が非常に高く、タイヤとエンジンにとって過酷なラリーになる可能性がある。

 9日(木)に開幕するラリーは首都アテネをスタートし、古代都市アクロポリスの城塞下でセレモニアルスタートが行われた後ふたたびアテネに戻り、中心部のシンタグマ広場の周辺で短い市街地ステージ(SS1)が行われる。
 
 本格的なグラベルラリーは翌10日(金)から実施され、週末にかけて全長33.2kmのステージ“ピルゴス”を含む全15本のSSを走行。ステージの合計距離は292.19km、リエゾン(移動区間)を含めた総走行距離は1285.85kmに上る。

「ギリシャでふたたびWRCが開催されるのは素晴らしいことだと思う。最後にWRCとして開催されたアクロポリス・ラリーでは私が優勝したこともあり、個人的に大好きなイベントだ」と語るのは、TOYOTA GAZOO Racing WRTのチーム代表を務めるラトバラ。

「路面はところどころ荒れているかもしれず、タイヤの摩耗も非常に激しいのでよく考えて運転しなくてはならない。ラミアに近いステージの中には16年間使われていないものもあり、現役のドライバーたちにとってはまったく新しいステージになる」

■2011年大会勝者のオジエ、経験を有すも「新しいイベントであるとも言える」

「主催者がかなり力を入れて道路の整備を続けてきたことは知っているし、路面のコンディションは以前よりも良くなっているようだ」と続けたラトバラ代表。

「とはいえ、多くの滑りやすいグラベルが道の表面を覆っているため、一番手の出走順でステージに臨むのは難しいチャレンジになることだろう」

「今回もまた新しいラリーになるが、我々のチームにはかつてアクロポリス・ラリーを経験した者もいるためその経験が活き、いい結果が得られることを期待している」

 2011年のアクロポリス・ラリーで優勝したオジエは、「ギリシャは大好きな国なのでまた訪れるのが楽しみ」であると語り、「もちろん過去の経験からどんなことが起こり得るかある程度予測できるが、全員が新しいペースノートを作成しなければならないという意味では新しいイベントであるとも言える」と続けた。

 チームメイトのエバンスは、「2012年に一度だけアクロポリス・ラリーに出場したことがあるが、その時は二輪駆動車だった。だからWRカーでアクロポリスに臨む今回は、間違いなく前回とは大きく異なる体験になるだろう」とコメント。

 一方、初挑戦となるロバンペラは「今回もまた、歴史的なWRCイベントに出場できることをうれしく思う」と語った。

「以前のアクロポリス・ラリーは非常にタフなイベントだったと理解している。今回もまた表彰台を狙えるようなペースで走りたいが、まずはクリーンにラリーを戦い、どのような結果を得られるのか様子を見たいと思う」

 TOYOTA GAZOO Racng WRCチャレンジプログラムに参加し、シリーズ全戦に参戦している勝田貴元は、今戦もトヨタ・ヤリスWRCを駆り最高峰クラスに参戦する。なお、コドライバーは前戦に引き続き、キートン・ウイリアムズが務める予定だ。