2021年F1第14戦イタリアGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2番手、セルジオ・ペレスは10番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは5番手、角田裕毅は14番手となっている。

 今週末のイタリアGPは、イギリスGPに続いて今季2度目のスプリント予選のスケジュールとなる。そのため初日は現地時間午後2時半からFP1が行われたあと、午後6時から予選、そして2日目にFP2、スプリント予選という流れだ。

 この3日間は安定して晴天が続くという予報で、FP1開始時点も上空は青空が広がり、気温27度、路面温度40度と、夏の終わりの暑さになっている。

 セッションが始まってすぐは、各車ハードタイヤとミディアムタイヤで周回を重ねる。角田から「シートベルトが緩い」、ランド・ノリス(マクラーレン)からは「ブレーキがスポンジーだ」と無線での訴えが飛び込む。いずれもフルブレーキングの繰り返されるモンツァでは、重大な不具合だ。

 最初に速さを見せたのは、ハミルトン。ミディアムで1分22秒262のベストタイムを出す。その後はペレス、ダニエル・リカルド(マクラーレン)らがハミルトンと同じミディアムタイヤで一時トップに立つ。一方2連勝中のフェルスタッペンは、リカルドからコンマ5秒落ちの8番手に留まっている。

 それでも終了20分前にソフトに履き替えると、1分21秒378でこのセッション初めてトップに立った。しかしミディアムの2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)とは、0.073秒差しかない。そして終了16分前、2セット目のミディアムに履き替えたハミルトンが、1分20秒926で首位を奪い返した。

 その後もメルセデス2台はミディアムで走り続け、ソフトのフェルスタッペンはハミルトンをしのぐタイムを出すことなく、0.452秒差の2番手が精いっぱいだった。3番手はボッタス。4番手ランス・ストロール(アストンマーティン)、5番手ガスリー、6番手セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)、7番手カルロス・サインツ(フェラーリ)。そして8番手以下のアルピーヌ、マクラーレンの4人のドライバーは、メルセデス同様一度もソフトを履かずに、午後6時からの予選に臨む。

 他のホンダドライバーは、ペレス10番手、角田は14番手だった。