ジャガー初のフルバッテリー電気自動車(BEV)である『I-PACE』が2022年モデルへと更新され、同車をベースとしたワンメイクレース・シリーズ、ジャガーI-PACE eトロフィーで培った経験や知識を活かし、効率性や温度管理性能を向上。併せて内外装もアップグレードし、よりスポーティかつ上質に進化を果たすとともに、新グレードの“BLACK EDITION”も導入して9月9日より受注開始となっている。

 2018年の発売以降、スポーツカーとしてのパフォーマンス、ゼロ・エミッション、洗練性、そして全輪駆動SUVとしての高い実用性を兼ね備えたモデルとして評価を受け、新世代ジャガーのダイナミクス性能を象徴する1台となった『I-PACE』が、電動モータースポーツの活動から得たフィードバックを元に、より洗練されたパフォーマンスを身につけた。

 電動シングルシーターで争われるABBフォーミュラE世界選手権との併催で、世界初のBEV市販車ベースによるワンメイクシリーズとして開催されたジャガーI-PACE eトロフィーの知見により、フロントモーターとリヤモーターのトルク配分を変更し、ECOモード時の効率を向上。432のパウチセルから成る90kWhのリチウムイオン・バッテリーを搭載し、WLTCモード438kmという航続距離を実現した。

 ドライブシャフトと一体化した軽量かつコンパクトな2個の永久磁石同期式電動モーター(最大効率97%)により、合計最高出力294kW/400PS、最大トルク696Nm、0-100km/h加速4.8秒を実現する圧巻のパフォーマンスに対し、アクティブベーンシステムを効果的に使用して温度管理を改善することで、耐久性に影響することなくバッテリー残量がより少ない状況でも動作できるようになったという。

 その性能を表現するエクステリアは、従来の18インチから19インチにサイズアップしたホイールを標準装備とし、クロームティップドグリルピンを採用するなど、よりスポーティに進化した。また、新たにグリルサラウンドやミラーキャップ、サイドウィンドウサラウンド、リヤディフューザーにアクセントを施した“ブライトエクステリアパック”も追加されている。

 インテリアでは、グレインレザーの14ウェイ電動フロントパフォーマンスシートを導入したほか、レザーシートのみヘッドレストにあるジャガーリーパーを3D加工とし、40:20:40分割可倒式リヤシートも標準装備に。

 3Dサラウンドカメラやブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リヤコリジョンモニターなど多彩なドライバー支援システムとともに、最新インフォテインメントの“Pivi Pro”を標準装備し、安全性と利便性も向上させている。

 また、オプション体系についても見直され、ワイヤレス・デバイス・チャージング、ClearSightインテリア・リヤビューミラー、アクティビティキー、パークアシスト、コンビニエンスパックなどを加え、より豊富な選択肢を用意。

 2022年モデルからの新グレードとして“S”をベースに、ブラックエクステリアパックやグロスブラックフィニッシュの20インチ・スタイル5068 5スポーク、固定式パノラミックルーフなどを備えた“BLACK EDITION”も追加し、全4グレード展開としている。

 全モデルともにカラーラインアップも、カルデラレッド、ポルトフィーノブルー、アイガーグレイ、アルバの新色を追加した全12色展開となり、価格は1005万〜1221万円(税込)となっている。

ジャガー・ウェブサイト:http://www.jaguar.co.jp
ジャガーコール(フリーダイヤル):0120-050-689