9月12日、アメリカ・カリフォルニア州のウェザーテック・レースウェイ・ラグナ・セカでIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第9戦の決勝レースが行われ、ウェイン・テイラー・レーシングの10号車アキュラARX-05(リッキー・テイラー/フィリペ・アルバカーキ組)がポール・トゥ・ウイン。今季3勝目をマークした。

 選手権リーダーとしてモントレーにやってきたウェイン・テイラー・レーシング(WTR)は決勝前日、土曜日に同地で行われた予選で最速タイムを記録し、決勝スタートグリッド最前列を確保。2番手にはマイヤー・シャンク・レーシング(MSR)の60号車アキュラARX-05が続き、フロントロウを2台のアキュラが独占した。
 
 迎えた2時間40分の決勝レースでもこの2台が優勝を争う展開となる。スタート直後、GTDクラスのアクシデントにより1回目のフルコースコーションが導入され、約10分後にリスタート。10号車と60号車アキュラのワン・ツーにチップ・ガナッシ・レーシングの01号車キャデラックDPi-V.R、ウィレン・エンジニアリング・レーシングの31号車が続いていく。
 
 スタートから35分過ぎ、選手権タイトルを争う31号車キャデラックやマツダ・モータースポーツの55号車マツダRT24-P、01号車キャデラックよりもややタイミングを遅らせてトップを走る10号車アキュラがピットへ向かう。
 
 これに対して60号車アキュラはさらにスティントを引っ張り、スタートから56分後に1回目のルーティンピットを済ませる。これで2番手からクラス最後尾にまわったMSRだが、ライバルチームが2度目のピットインを行うと一転トップに浮上する。

 さらに60号車が2度目のピットインでフルサービスを行った後、各車が2時間目を前に最後のピットに入ると、ピンク×ブラックカラーのアキュラは10号車アキュラの約20秒前方でレースをリードする立場となった。

 しかし、首位のMSRは前戦ロード・アメリカと同様に燃費の問題に直面する。コーションが出ることによって成功率が増すこの作戦をとるなかで、期待した状況に恵まれなかったのだ。フィニッシュまで燃料を待たせるため、デイン・キャメロンからステアリングを引き継いだオリビエ・プラは燃費走行を余儀なくされる。
 
 ペースを落とさざるを得ない60号車に対し、オーソドックスな3ストップ作戦をとった10号車アキュラのテイラーは1周ごとにその差を詰め、約20秒あったギャップは20分で1秒差に。
 
 フィニッシュまで残り25分、MSRのアキュラに追いついた10号車はバックマーカーが絡んだタイミングでこれを交わして首位に返り咲くと、そのままトップフィニッシュを飾った。

■GTクラスはともに逆転での優勝に

 ペースを上げられない60号車はその後、31号車と01号車キャデラックにも抜かれ4番手にドロップ。5位となった55号車マツダの前でフィニッシュした。2位争いは最終盤までもつれ、残り2周でランガー・バン・デル・ザンデ駆る01号車がフィリペ・ナッセの31号車にマシン同士を接触させながらオーバーテイクし2位を掴み取った。
 
 LMP2クラスでは、ポールスタートながらレース開始直後に一度順位を落とし、そこから再逆転を果たしたPR1マティアセン・モータースポーツの52号車オレカ07・ギブソン(ベン・キーティング/ミケル・イェンセン組)が優勝。GTDクラスは5番手スタートから徐々に順位を上げ、2度目のピットイン直後に首位に立ったパフ・モータースポーツの9号車ポルシェ911 GT3 R(ザック・ロビション/ローレンス・ファントール組)が逆転勝利を収めている。
 
 GTLMクラスはコルベット・レーシングの3号車シボレー・コルベットC8.Rと僚友4号車のマッチレースに。序盤はポールシッターとなった3号車がチームメイトをリードする状況が続いたが、こちらも2時間目を前に迎えた2度目のピットストップで順位が変動。ピットアウト時に専用レーンを外れるインシデントがあったものの、4号車コルベットが僚友からトップの座を奪い、残りの50分弱のスティントで順位を守ってトップチェッカーを受けた。

 トミー・ミルナー/ニック・タンディ組の優勝は、ノンタイトル戦となったことからGT3仕様のABSを装着して戦ったことが明かされた第3戦デトロイトを除けば、今戦が今シーズン初めてだ。ウェザーテック・レーシングの79号車のポルシェ911 RSR-19はクラス3位でフィニッシュした。
 
 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の次戦第10戦はNTTインディカー・シリーズとの併催レースとして、ロングビーチで10月24〜25日に開催される。