アルファロメオ・レーシング・オーレンのチーム代表であるフレデリック・バスールは、キミ・ライコネンがF1を引退しても何かしらの立場からチームへの関与を続けてほしいと強く願っていると述べた。

 新型コロナウイルスの検査で陽性となり、自宅で隔離を続けているためイタリアGPを欠席したライコネンは、9月1日に2021年シーズン末でグランプリドライバーとしてのキャリアに終止符を打つことを発表した。しかし41歳のライコネンは、F1引退後の人生設計に今のところは関心がなく、将来についての選択を急いでいないことを認めている。

 バスールは、ライコネンの決断後に事態が落ち着くのを待ってから、ある時点で彼との時間を取り、おそらくはライコネンをスペシャルアドバイザーとしてチームに残す将来の協業の形について話し合うことを望んでいる。

「彼がすでに他のシリーズやこのようなポジションのオファーをいくつか受けているのを目にしているので、事態が落ち着くのを待つ方がはるかにいいと考えている」とバスールは語った。

「そのあとで、将来何ができるか話し合いの時間を持つつもりだ。私は心からキミに何らかのポジションに就任してほしいと思っているが、彼には時間が必要だと思う」

「今日、他の選択肢について『これとこれをやろう』などと選ぶのは彼にとって間違いだと考えている。彼は落ち着いて決断が何を意味するか理解しなければならない。そうしていれば将来について判断を下すタイミングになる」

 ライコネンは2019年にアルファロメオに加入した。このチームでのベストリザルトは、これまでのところその年のブラジルGPでの4位フィニッシュだ。それ以降、ライコネンは今年のハンガリーGPを含むたった4レースでしかポイントを獲得できていない。

 バスールは結果の不振を思い出すよりも、ライコネンが持ち込んだ、チームの発展に貢献した多くの資質に目を向けることを好んでいる。

「彼はチームに膨大な経験を持ち込むことができた。彼はこの20年間ドライブした。勝てるチームで、常にタイトルを賭けて戦っていた」

「そのことはチームが成長するにあたって大きなサポートとなった。私は日々の結果について話しているのではなく、中期的なプロジェクトの発展について話をしているのだ。彼はパフォーマンスがどこから生まれるのか完璧に理解している」

「また並行して、チームのイメージという点では大きな後押しとなった」

「もっと優れた結果を出したいし、さらに出していきたかった。それはレースの目的でもある。常により多くのことをしたいし、より多くを得たいものだ。このように、キミからのサポートは印象的なものだった」