スクーデリア・フェラーリは、9月16日と17日、イタリア・イモラでプライベートテストを行った。2018年型SF71Hで、レギュラードライバーであるシャルル・ルクレールとカルロス・サインツが走行、チームはトラック上のデータと新しいシミュレーターのデータとの相関関係をリアルタイムで確認した。

 フェラーリは2020年末、コストキャップが適用される前に新しいシミュレーターに多額の投資を行った。しかし新設備には完全に新しい技術が使用されているため、微調整作業が必要であり、すぐさま効果を得ることは困難である。

 かつてフェラーリでは、ベテランのマルク・ジェネがシミュレーターでの初期開発作業を担当していたが、最近では、フェラーリ・ドライバー・アカデミー出身のアントニオ・フォコが、ダビデ・リゴンともに、マラネロのシミュレーターでほとんどの作業を行っている。

 今週のテストでは、ルクレールが木曜、サインツが金曜にイモラで走行。フォコは初日、ルクレールと全く同じセットアップで同じ時間帯にシミュレーターを使って走行した。その目的は、サーキットから得られるデータとシミュレーターのデータを比較し、その相関性がどれだけ優れているのかを知ることにあった。

 ルクレールが担当した初日は、トランスミッションの問題で走行時間が削られた。2日目にはサインツが登場、フォコ、フェラーリ・ドライバー・アカデミーのロバート・シュワルツマンと共にSF71Hで走行を行った。フォコはシミュレーター作業に役立てるため、シュワルツマンはアカデミーの契約に基づくサーキット走行であったといわれている。

 フェラーリはマクラーレンを相手に熾烈な選手権3位争いを行っているが、イタリアGPでマクラーレンが1−2を飾ったため、現在は13.5点の差をつけられている。

 フェラーリが追いつくための重要な要素のひとつと考えられているのは、9月か10月に導入されるとみられるアップデート版パワーユニット(コードネーム065/6 evo)である。

 だが、ルクレールもサインツも、今後パワーユニット交換を行う場合、グリッド降格ペナルティを受ける必要がある。ダメージを最小限に抑えるため、フェラーリは新パワーユニット投入のタイミングを慎重に検討していく。