NTTインディカー・シリーズは、19日に2022シーズンの開催スケジュールを発表。2月末にセント・ピーターズバーグで開幕し、ラグナセカで最終戦を迎える全17戦で争われる。
 2021年は、コロナ禍によりセント・ピーターズバーグでの開幕戦が延期となり、4月にバーバー・モータースポーツパークで開幕したインディカー・シリーズ。

 トロント戦がキャンセルとなり、全16戦となったシーズンは、開幕から7戦で7人のウイナーが誕生するコンペティティブなレースが繰り広げられ、残すは19日のラグナセカ戦、26日のロングビーチ戦の2戦のみとなっている。

 インディカーは、19日に2022年のカレンダーを発表。キャンセルとなったトロント戦、そしてアイオワ戦がカレンダーに復帰し、全17戦で争われる。

 インディカーのCEOを務めるペンスキー・エンターテインメントコーポレーションのマーク・マイルズは、「このスケジュールは、2021年にNTTインディカー・シリーズが成し遂げた成長と勢いに基づいて構成されている」

「早い開幕を迎え、5月のインディアナポリス500マイルレースへの期待をさらに高める。夏のスケジュールもアクションに満ちており、休暇はなく、西海岸での最後の2レースでチャンピオンの戴冠へと繋がっていく」とコメント。

 2022年は、2月27日にセント・ピーターズバーグで開幕。3月にテキサス戦、4月にロングビーチ戦が予定され、5月1日にバーバー・モータースポーツパーク、14日にインディアナポリス・モータースピードウェイのロードコース戦、2週間の走行が行われる伝統の一戦、インディアナポリス500マイルレースは、5月29日にスケジュールされた。

 休みなく6月にシングルレースとなったデトロイト戦、そしてロードアメリカでの連戦が続き、7月には5戦が行われる。

 3日にミド・オハイオ・スポーツカー・コース。17日に2019年以来となるトロント戦、23,24日にアイオワ・スピードウェイでのダブルヘッダー。30日にインディアナポリス・モータースピードウェイのロードコース戦。

 8月はナッシュビル戦とゲートウェイ戦、そして9月に西海岸に移動し、4日にポートランド・インターナショナル・レースウェイ、11日ラグナセカで最終戦を迎える。

 ロードコース戦は6コース7戦、ストリート戦は5戦、オーバル戦が4コース5戦となっている。

「2022年のNTTインディカー・シリーズのチャンピオンシップにとって素晴らしいスケジュールだ。ストリートサーキット、ロードコース、オーバル。その多様性はインディカー・シリーズのレース特徴を際立たせる」とマイルズは語っている。

■NTTインディカー・シリーズ2022年レーススケジュール
ラウンド日程開催地コース第1戦2月27日セント・ピーターズバーグストリート第2戦3月20日テキサス・モータースピードウェイオーバル第3戦4月10日ロングビーチストリート第4戦5月1日バーバー・モータースポーツパークロードコース第5戦5月14日インディアナポリス・モータースピードウェイロードコース第6戦5月29日第106回インディアナポリス500マイルレースオーバル第7戦6月5日デトロイトストリート第8戦6月12日ロード・アメリカロードコース第9戦7月3日ミド・オハイオ・スポーツカーコースロードコース第10戦7月17日トロントストリート第11戦7月23日アイオワ・スピードウェイ/レース1オーバル第12戦7月24日アイオワ・スピードウェイ/レース2オーバル第13戦7月30日インディアナポリス・モータースピードウェイロードコース第14戦8月7日ナッシュビルストリート第15戦8月20日ゲートウェイオーバル第16戦9月4日ポートランド・インターナショナル・レースウェイロードコース第17戦9月11日ラグナセカロードコース