9月24日、一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)は、2022年シーズンにおけるMFJ全日本ロードレース選手権シリーズの暫定カレンダーを発表した。

 2022年の全日本ロードの開催ラウンドは、全9戦の2015〜2018年と比較すると1戦減っているが、2019年とは同様のラウンド数の全8戦だ。2020年は新型コロナウイルスの影響で全5戦、2021年は全7戦が行われたため、直近の2年間と比較すると増加している。

 年間レース数は判明していないが、最高峰のJSB1000は例年通りだと13レースほどになるだろう。ST1000とST600とJ-GP3は2021年と同様に7レースが開催される予定だ。

 開催地は国内の主要サーキットであり、開幕戦は来季もツインリンクもてぎ、第2戦鈴鹿はスーパーフォーミュラと併催の2&4レースでJSB1000クラスのみ開催される。

 第3戦オートポリスもまた2&4レースでJSB1000クラスのみ行われ、第4戦SUGOは2度目の全クラス開催となる。そして、筑波サーキットで開催される第5戦は例年通りJSB1000を除く、ST1000、ST600、J-GP3クラスが行われ、4月から6月の前半戦が終了する。

 7月から8月末の全日本ロードのサマーブレイクには、正式発表はまだだがFIM世界耐久選手権(EWC)の鈴鹿8耐が開催される予定となる。

 そして、8月末の第6戦は2度目のオートポリスとなるが、全クラス開催。第7戦は岡山、第8戦鈴鹿は最終戦となり、MFJ-GPとして行われることになる。

 また、併催されているMFJカップ JP250 選手権は、第2戦と第3戦の2&4レース以外の全6戦が開催される。

 発表された2022年のMFJ全日本ロードレース選手権シリーズの暫定カレンダーは以下の通り。

■2022年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 暫定カレンダー(9月24日時点)
Round開催地日程開催クラス第1戦ツインリンクもてぎ/栃木4月2〜3日全クラス第2戦(2&4)鈴鹿サーキット/三重4月23〜24日JSB1000のみ第3戦(2&4)オートポリス/大分5月21〜22日JSB1000のみ第4戦スポーツランドSUGO/宮城6月4〜5日全クラス第5戦筑波サーキット/茨城6月25〜26日ST1000,ST600,J-GP3第6戦オートポリス/大分8月27〜28日全クラス第7戦岡山国際サーキット/岡山9月17〜18日全クラス第8戦(MFJ GP)鈴鹿サーキット/三重11月5〜6日全クラス

※全クラス=JSB1000、ST1000、ST600、J-GP3
※大会日程は変更される場合があります。