2021年F1ロシアGPの金曜、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=6番手/2=3番手だった。

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー
フリー走行1=6番手(1分35秒794:ソフトタイヤ/24周)/2=3番手(1分33秒845:ソフトタイヤ/22周)

 パフォーマンスの面でポジティブな一日だった。今のところ、このサーキットでマシンがうまく機能しているようなので、週末をいい形でスタートできたといっていいだろう。

 パフォーマンスは優れているけれど、バランスの面では100パーセント満足とはいえない。今夜いくつかの点に取り組んで、改善したい。

(フェラーリの)シャルル(・ルクレール)と(レッドブル・ホンダの)マックス(・フェルスタッペン)が決勝で(グリッド降格)ペナルティを受けるから、今週末、僕たちにチャンスがあるのは間違いない。でも今一番集中して考えるべきことは、激しい中団争いのなかで戦うために、自分たちのパッケージを改善し、最大限のパフォーマンスを発揮することだ。