パワーユニット全交換によるペナルティで最後尾グリッドからのスタート。苦戦が予想された2021年F1第15戦ロシアGP決勝レースでのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)だったが、フィニッシュ直前の大雨と、その際の適切なタイミングでのタイヤ交換が功を奏し、2位表彰台を獲得した。

「最後尾から、果たしてどこまで順位を上げられるか」とレース前は思っていたというホンダF1田辺豊治テクニカルディレクターにとっても、「非常にいい結果だった」と手放しで喜べるレースとなった。一方でホンダ勢のほかの3台は、いずれも同じ降雨の際にタイヤ交換を遅らせ、大きく順位を落としての完走となってしまった。

────────────────────

──最終盤の雨が、レース結果に大きな影響を及ぼしました。

田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):思った以上に激しい降りになり、状況が急激に悪化しました。そのことで大きく順位を上げたドライバーと、逆に大きく下げたドライバー、くっきりと明暗が分かれました。レースは最後まで何が起きるかわからないと私もよく言っていますが、その象徴となったレースでした。

──ホンダ勢4台も明暗が分かれました。

田辺TD:(マックス・)フェルスタッペンは最後尾グリッドから2位まで上がりました。ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝したことで、選手権の首位は奪い返されましたが、スタート位置を考えればよくあそこまで順位を上げたと思います。非常に良い結果でした。一方で(セルジオ・)ペレスは序盤から力強い走りを見せてくれました。降雨の直前には3番手まで上がっていたのですが、レインタイヤへの交換タイミングが遅く、9位に沈んでしまいました。

──アルファタウリ・ホンダの2台も残念でした。

田辺TD:11、12番手からのスタートで、渋滞にはまって追い抜きも難しかったです。そのなかで我慢のレースを続けていましたが、最後のタイヤ交換でのチーム側の判断もあって順位をさらに落としてしまいました。ぜひとも4台がいいかたちでのレースができればと思っていたのですが、今回もそれは叶いませんでした。

■ボッタスのパワーユニット交換に関しては複雑な心境
──表彰台でのマックス・フェルスタッペンはまるで勝ったような喜びようでした。田辺TDにとっても予想以上の好結果でしたか?

田辺TD:はい。ドライ路面での初日のメルセデスとは大きなパフォーマンス差がありました。さらに中団グループも今季は非常に速くなっています。ソチは直線が長いとはいえ、オーバーテイクは決して簡単ではありません。そんな状況で『フェルスタッペンは最後尾からどこまで(ポジションを)上げられるだろうか』というのがレース前の心境でした。それが2位まで上がれたのは、いろいろな困難を乗り越え、チームとドライバーがきっちり機能したのだと思います。想定外の大雨も自分たちの有利な方向に取り込みました。非常にいいレースだったと思います。

──バルテリ・ボッタス(メルセデス)はレース前にパワーユニットを交換してグリッドが下がり、フェルスタッペンの前でスタートすることになりました。それについては、追い上げるのに大変になりそうだという思いでしたか? あるいはその話をチームとしましたか?

田辺TD:もし後方でフェルスタッペンが抑えられたままになってしまうと、その後の展開は不利になるだろう。そんな話はスタート前にしましたね。

──そのボッタスはパワーユニット交換に関して、「モンツァ(イタリアGP)でのエンジンが終わったから」と言っていました。メルセデスが昨年までと違ってパワーユニットのやりくりに苦労している状況をどう見ていますか?

田辺TD:「エンジンが終わった」というのが正確にどういう意味かは不明ですが、『もう使えない』という意味だとしたら、今回新たに追加したのはドライバーの助けになると同時に、それでドライバーがペナルティを受けるのはエンジンメーカーとしては申し訳ないですね。交換の理由は不明ですし、ハミルトンも同じ理由で交換するのか、それも分かりませんので、なんとも言えません。