ポルシェジャパンは10月1日、千葉県木更津市に日本初のブランド体験型施設『ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京(PEC東京)』の開業を発表した。合わせて、市道125号線の一部1kmが『ポルシェ通り Porsche Strasse(ポルシェストラッセ)』と命名されたことも発表。ネーミングライツの契約期間は2021年10月1日から2026年9月30日までの5年間となる。

 開業に際してのオンライン記者会見に登壇したポルシェジャパンのミヒャエル・キルシュCEOは「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京は、ショールームでも、レース場でもありません。ここは、ポルシェファミリーの出会いの場です。ポルシェというブランドを五感で体験してもらいたい」とコメント。

 設備投資額を約50億円とするポルシェ・エクスペリエンス東京は、世界的なスポーツカーブランドである『ポルシェ』というブランドを、ドライブやレクチャープログラムなどを通じて体験できるもの。

 同施設は世界で9番目、国内では初めて開設されるPCEとなり、施設内にはポルシェのスポーツカー性能を充分に引き出すさまざまなトラックコンテンツに加え、ラウンジやレストラン、各種研修が行えるミーティングルームなども備わる。
 
 本格的なドライビングレクチャーなどのプログラム予約は、7月29日より受付が開始されている。ドライビングレクチャーはオンロード、オフロードともに90分間のプログラムが基本とされ、718ケイマンや911カレラなどの2ドアモデルから、マカンやカイエンといったSUVモデル、パナメーラ、そしてポルシェのフル電動スポーツカー、タイカンから選択が可能になっており、その他45分間で車両を乗り換えるミックスプログラムも用意されている。

 ドライビングエクスペリエンスは2.1kmの周回距離を持つハンドリングトラック、キックプレート、ローフリクションハンドリングなど6つのモジュールで構成され、気になる料金は718ケイマンが4万9500円、911カレラで6万500円からとなっている。

 ハンドリングトラックでは、ドイツ、ニュルブルクリンクのカルーセルや、アメリカ、ラグナ・セカのコークスクリューなどの有名コーナーを再現したエリアを有している。

 またコースの最大の特長として、これまでのエクスペリエンスセンターのトラックが二次元(平面的)であったことに対し、ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京は元の地形を活かした唯一の三次元(立体構造)トラックが構成されており、高低差のある3Dドライビングが体験できる。

 そして、シミュレーターラボでは、919ハイブリッドをはじめとした歴代のル・マン優勝車から現行モデルまで、様々な車両で国内外のポルシェに馴染み深いサーキットを走行することが可能で、こちらの料金は30分/4500円からと設定されている。

 その他、施設の概要やドライビングプログラムの予約受付などはポルシェ・エクスペリエンスセンター東京の公式ホームページ(https://porsche-experiencecenter-tokyo.jp/)をチェックしてほしい。

 『ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京』は、今後の日本のモータースポーツの注目のカルチャースポットとなるだろう。

■ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京
住所:木更津市伊豆島字中ノ台1148-1
敷地面積:43ha
事業区域:13ha
トラック:全長2.1km
ドライビングプログラム予約URL:https://porsche-experiencecenter-tokyo.jp/login
*プログラム予約には会員登録が必要です。