10月3日、北欧フィンランドのユバスキュラを中心に開催されているWRC世界ラリー選手権第10戦フィンランドは競技最終日を迎えた。このデイ3はSS16から最終SS19まで計4本のステージで争われ、前日に総合首位に立ったTOYOTA GAZOO Racing WRTのエルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)が後続を抑え切って優勝。今シーズン2勝目を挙げた。

■2021年WRC第10戦ラリー・フィンランド暫定結果 SS19後
Pos.No.DriverMachineGap133E.エバンストヨタ・ヤリスWRC2h19'13.728O.タナクヒュンダイi20クーペWRC+0'14.1342C.ブリーンヒュンダイi20クーペWRC+0'42.244E.ラッピトヨタ・ヤリスWRC+0'58.851S.オジエトヨタ・ヤリスWRC+2'54.4644G.グリーンスミスフォード・フィエスタWRC+5'02.3716A.フルモーフォード・フィエスタWRC+6'22.9823T.スニネン(WRC2)フォルクスワーゲン・ポロGTI R5+9'52.1920A.ミケルセン(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+10'07.81032E.リンドホルム(WRC3)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+10'52.83469K.ロバンペラトヨタ・ヤリスWRC+1h02'51.73718勝田貴元トヨタ・ヤリスWRC+1h21'33.5
※リザルトは編集部集計