次世代レクサスの第一弾モデル、新型NXの国内仕様モデルには走りに特化した“F SPORT”が設定されている。グレードは『NX450h+“F SPORT”(4WD)』、『NX350h“F SPORT(FF/4WD)』、『NX350“F SPORT”(4WD)』が揃う。

 新型NX“F SPORT”のエクステリアは、20インチ専用アルミホイール、バンパーロワスポイラー、フロントサイドガーニッシュなどを設定。インテリアは新開発の専用ステアリングホイールに加え、フロントシート、アルミペダル、シフトレバーなどを専用設定し、走りのイメージを強化している。また、最新AVSを標準装備し、操舵安定性、乗り心地を高次元で両立している。

 “F SPORT”のインテリアはTAKUMIによるつくりこみの下、スポーツ走行により適したグリップ断面を追求した専用ステアリングホイールを採用。“F SPORT”の運転席はドライバーの体により一層フィットする形状のシートが奢られる。

 加えて、“F SPORT”専用メーターは、ドライブモードを『Sport S+』に切り替えると、より走りの高揚感を感じさせる表示レイアウトに移行するなど、「走りを楽しみたい」というドライバーの気持ちにデザインと機能の両面で応える。
 
 パフォーマス面では、車両の前後に『パフォーマンスダンパー』を装着。走行中、ボディに生じるしなりや微振動を速やかに吸収し、ハンドリング特性を一層シャープにするとともに、乗り心地と静粛性を向上。さらに、減衰力切り替え応答に優れたリニアソレノイド式AVSを設定。大きなうねりと細かな凹凸が複合した路面でも、フラットな姿勢の維持とショックの遮断を両立し、優れたそうだ応答性、安定感、快適な乗り心地を実現する。なお、NAVI・AI-AVSはドライモードセレクトスイッチ操作により、2種類の減衰力制御モードが選択可能となる。

 車両価格は『NX450h+“F SPORT”(4WD)』738万円、『NX350h “F SPORT(FF/4WD)』608万円(FF)、635万円(4WD)、『NX350“F SPORT”(4WD)』599万円。