10月7日、TOYOTA GAZOO Racing WRTは2022年シーズンのWRC世界ラリー選手権を戦うドライバーラインアップを発表し、2017〜18年にかけて同チームの一員としてシリーズを戦ったエサペッカ・ラッピが古巣に復帰することを明らかにした。

 世界最高峰のシリーズに3台のトヨタ・ヤリスWRCを投じ、第10戦終了時点ですでに2021年シーズンのワールドチャンピオンを輩出することが確定しているトヨタ。フィンランドに拠点を置く日本メーカーのチームは現在、来季のWRCで採用される“ラリー1”規定に合わせた新型ハイブリッド・ラリーカーの開発を行っており、ラッピはその3台目のシートを今季限りでフルタイムドライバーから引退するセバスチャン・オジエとシェアすることになる。

 トヨタに加入した2020年に通算7度目のドライバーズチャンピオンに輝いたオジエは、現在もチャンピオンシップのトップに君臨している。彼はランキング2位につけるエルフィン・エバンスを24ポイントリードしており、今季の王者にもっとも近い位置にいるが、最終的な結果に関係なく今年限りでWRCフル参戦を終了する予定だ。

 その理由は、彼が2022年にラリー以外の活動にも時間を割きたいと考えているためだ。ル・マン24時間への参戦を希望している37歳のベテランのために、ドイツに拠点を構えるTOYOTA GAZOO Racing WECチームでは、オジエによるトヨタGR010ハイブリッドのテスト実施も検討されている。

 なお、長年にわたりオジエとコンビを組み、コドライバーとして世界タイトルを獲得してきたジュリアン・イングラシアは、今年いっぱいでその輝かしいキャリアに幕を下ろすことになった。彼の後任には、近年のテストやターマックラリーにおけるグラベルクルーとしてオジエと緊密に仕事をしてきた、ベンジャミン・ヴェイラが就任することが決まっている。また、オジエが来シーズン出場するイベントについては、後日決定するという。

 そのオジエと3台目のマシンを共有するラッピは前述のとおり、かつてトヨタに所属しており古巣への復帰となる。30歳のフィンランド人は2017年のラリー・フィンランドでヤリスWRCを駆り見事、WRC初優勝を母国で決めた。翌18年も計3戦で表彰台を獲得しチームのマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献した。

 その後、他メーカーへ移籍したラッピだったが、先週末ユバスキュラを中心に行われたラリー・フィンランドではふたたびヤリスWRCをドライブし、彼にとっては久々のWRカードライブながら総合4位という好成績を残している。

■かつてのチームメイトであるラッピは、「さらに大きく成長した」とラトバラ代表

 今回の発表では、ヤリ-マティ・ラトバラ率いるTOYOTA GAZOO Racing WRTで現行シーズンを戦っているエバンスと、カッレ・ロバンペラの残留も明らかになった。

 選手権7冠王者のオジエとともに2020年にチームに加入したエバンスは、その初年度から持ち前のスピードと安定感を発揮。最終戦モンツァまでもつれ込んだタイトル争いを経てオジエに次ぐ選手権2位となった。また、今シーズンもポルトガルとフィンランドで勝利を飾り、ふたたびオジエとドライバーズタイトルを争っている。

 新世代の“フライング・フィン”との呼び声高いロバンペラは、今季第7戦エストニアで圧倒的な速さを示し20歳でキャリア初優勝を記録。ラトバラが保持していたWRC史上最年少優勝記録を塗り替えると、第9戦ギリシャでは早くも2勝目をマークするなど大きな注目を集めている。

「2022年、そしてWRCの新しい時代に向けて、このような強力なドライバーラインアップを実現することができて大変うれしく思う。タイトルを狙えるドライバーとして、エルフィン(・エバンス)とカッレ(・ロバンペラ)が引き続き我々と一緒に戦ってくれるのは、本当に喜ばしいことだ」と語るのは、TOYOTA GAZOO Racing WRTのラトバラ代表。

「エルフィンは非常に安定したドライバーだし、マニュファクチャラーズタイトル争いにおいて、つねに大きく貢献してくれている。また、ラリー・フィンランドでの優勝でも証明されたように、彼は絶対的に速いドライバーであり、間違いなくチャンピオン候補のひとりだ」

「カッレは、今シーズン本当に素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。つねに成長しているし、これからさらに経験を積み重ねていけば、彼もまたチャンピオン候補になるだろう」

「セブ(セバスチャン・オジエ)は偉大なるチャンピオンであり、来シーズンはドライバーズタイトルを狙って戦うことはないだろうが、それでも我々にとっては本当に貴重な存在であることは間違いない」

「最後に、エサペッカをふたたびチームに迎え入れることができてうれしく思う。彼は以前、我々のチームで勝てることを証明してくれたし、その後さらに大きく成長したと思っている。彼のモチベーションは非常に高く、先週末のWRカーによる復帰戦では速さを見せてくれた。セブとシートをシェアするのに、エサペッカは最適なドライバーだと思う。チャンピオンシップ争いで我々を支援してくれるだけでなく、自分自身の勝利のためにも戦ってくれることだろう」

 ハイブリッドシステムや持続可能燃料を採用する新時代のWRC、その最初のシーズンでトヨタのラリー1カーをドライブする4名のドライバーによるコメントは以下のとおりだ。

●エルフィン・エバンス
「来シーズンもTOYOTA GAZOO Racing WRTで走れることになり、本当にうれしいよ。このチームでのここまでの2シーズンはとても楽しい日々だったし、先週末にチームのホームイベントであるフィンランドで優勝できたことは、僕にとって特別な喜びだった」

「今、僕たちは新しいレギュレーションのもと、新たな時代を迎えようとしている。チームのみんなと協力しながらラリー1カーを開発するのは本当にエキサイティングな仕事だし、来シーズンは可能な限り最高の結果を出せるように頑張りたいと思っている。その前に、まずは今シーズンをいい形で締めくくり、チームのタイトル獲得に貢献したいと思っている」

●カッレ・ロバンペラ
「TOYOTA GAZOO Racing WRTで来年も走ることができてとてもうれしく思う。このチームでの最初の2年間は本当に良かったと思っているんだ。多くのことを学んだし、大きなプレッシャーを感じることなく、自分らしい走りをしながら学習する機会をチームは与えてくれた」

「来年はクルマが完全に新しくなり、大きな変化があるため、チーム全体にとって大きなチャレンジになるだろう。しかし、すでにチームとは親密な関係を築いているし、一緒になってクルマを開発している時に、ドライバーとして自分のアイディアを提供できるのはとてもポジティブなことだ。チームは精力的に仕事を進めている。これ以上は望めないくらい、ベストな形で彼らの力になれることに興奮しているんだ」

●セバスチャン・オジエ
「このシーズンが終わり、家族と過ごす時間が増えることが楽しみですが、同時にTOYOTA GAZOO Racing WRTに残り、来年もいくつかのラリーに参戦するチャンスを得られたことを大変うれしく思っている。僕が望んでいた、スポット出場の機会を与えてくれたチームには本当に感謝している」

「どのラリーに出場するのかはまだ完全には決まっていないが、マニュファクチャラー選手権でチームをサポートし、クルマを開発するために全力を尽くすつもりだ。この新世代のクルマがWRCというスポーツに何をもたらすのかワクワクするし、チームが非常に力を入れて開発していることも知っているから、とても楽しみだよ」

●エサペッカ・ラッピ
「TOYOTA GAZOO Racing WRTに復帰することができて最高の気分だ! まるで自分の家に戻ってきたような気持ちだね。過去には数々の素晴らしい思い出があるし、ラリー・フィンランドでチームの人たちとふたたび一緒に仕事をすることができて、本当にうれしかった」

「ヤリスWRCに乗り込んだ瞬間、これこそ自分のクルマだと改めて感じた。もちろん、来年はクルマが新しくなるし自分はまだ乗ってもいないけど、新しいレギュレーションによって大きな変化が起きるだろうと思っている。それでも、新しいクルマでラリーに出場できるのは興味深いことだし、将来がとても楽しみに感じられるんだ」