スバルは10月7日、新型レガシィアウトバックの国内仕様を発表した。安全性を進化させた『新世代アイサイト』や3D高精度地図データを採用した高度運転支援システム『アイサイトX(エックス)』を全車標準装するなど、安全面を強化。グレードは上質さを備えた『LImited EX』(429万円)とアウトドア色を強くした『X-BREAK EX』(414万7000円)のふたつで、初年度の月間販売台数は1200台を計画する。

 レガシィアウトバックは1995年に北米市場で誕生以来、乗用車とSUVの長所を融合させたクロスオーバーSUVとして歴史を積み重ねてきた。今回の新型は「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」をコンセプトに、歴代モデルが培ってきた価値に最新技術を組み合わせ、さらなる進化を遂げている。

 エンジンは1.8リッター水平対向4気筒直噴ターボを搭載。スバルグローバルプラットフォーム+フルインナーフレーム構造など、車体剛性の最適化で、動的質感と衝突安全性能が向上している。

 ボディサイズは、全長4870mm、全幅1875mm、全高1670mm、ホイールベースは2745mm。エクステリアは、“Active&Tough”をコンセプトに、スピード感のあるシルエットに、厚みや力強さを強調したボディパネルと、一体感を増したクラッディングを組み合わせることで、ひと目見ただけで感じられるアクティブさをタフさを表現している。

 ボディカラーはブリリアントブロンズ・メタリック、オータムグリーン・メタリック、サファイアブルー・パールの3色が新たに加わり、全9色の設定となる。

 インテリアは、伸びやかな連続造形で開放感を表現したアッパーエリアと、適度な包まれ感を演出したロワエリアのコンビネーションで、乗員すべてがくつろげる居心地の良い室内空間を演出。ハーマンカードンサウンドシステムや本革シートを採用するなど、上質さも強みのひとつ。さらに、11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ&インフォテイメントシステム、12.3インチフル液晶メーターを採用することで、運転に必要な情報の認知から操作をアシストする。

 先進安全装備では、広角化した新開発のステレオカメラに加え、前後4つのレーダーを組み合わせることで360度センシングを実現させた『新世代アイサイト』や高精度マップを活用した新開発の高度運転支援システム『アイサイトX』を全車に標準装備する。