2021年F1トルコGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=2番手/2=5番手、セルジオ・ペレスはフリー走行1=10番手/2=4番手だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=8番手/2=9番手、角田裕毅はフリー走行1=18番手/2=11番手という結果だった。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
フリー走行1=2番手(1分24秒603:ソフトタイヤ/24周)/2=5番手(1分24秒439:ソフトタイヤ/27周)

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
フリー走行1=10番手(1分25秒459:ソフトタイヤ/24周)/2=4番手(1分24秒373:ソフトタイヤ/28周)

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
フリー走行1=8番手(1分25秒382:ソフトタイヤ/30周)/2=9番手(1分24秒756:ソフトタイヤ/32周)

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
フリー走行1=18番手(1分26秒424:ソフトタイヤ/28周)/2=11番手(1分24秒882:ソフトタイヤ/30周)

■ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 今日のトルコGP初日は、ホンダPUを搭載した4台のマシンが、ドライコンディションの下で順調にプログラムを消化しました。

 新舗装で非常に滑りやすかった昨年と比較すると、路面のグリップが大きく向上しており、車体・PUともにその状況に合わせたセッティングの最適化を進めました。

 まだまだ改善の余地はありますので、今日収集したデータをもとに明日の予選、そしてレースに向けてさらなる調整を進めていきます。

 ここトルコGPでは、両チームとも、リヤウイングに日本のファンの皆さまへの感謝を表した『ありがとう』のメッセージを入れています。また、レッドブル・レーシング・ホンダは、そのメッセージに加えてホンダがF1に初めて挑戦した当時の『白』を基調としたカラーリングを施したマシンで参戦しています。

 我々ホンダのメンバーも、チームメンバーともに一段と士気を高めて今週末のレースに臨みます。