2023年から採用されるスポーツカーの新たな最高峰カテゴリー『LMDh』への参入を発表しているアウディが、そのひとり目のオフィシャルドライバーとして29歳のスイス人、ニコ・ミューラーと契約した。10月11日、ミューラーが自身のソーシャルメディア上で明らかにした。

 ミューラーは2014年にアウディのファクトリードライバーとなり、おもにDTMドイツ・ツーリングカー選手権とGT3車両でのレースに出場してきたが、2017年にはGドライブ・レーシングからWEC世界耐久選手権にLMP2クラスで出場した経験も持つ。

 2021年はGT3車両に改められたDTMに、ミューラーはチーム・ロズベルグのアウディR8 LMS GT3で参戦。 ランキング10位でシーズンを終えている。

「2023年にレースに出場するまでに、重要かつ集中的な準備期間が待ち受けている」とミューラーは自身のツイッターに記している。

「アウディで、ル・マン24時間レースの総合優勝を争うという、夢が実現する」


 アウディLMDhのラインアップにはミューラーのほか、レネ・ラストやケルビン・ファン・デル・リンデといった既存のファクトリードライバーや、現在アウディとは契約していない何名かのドライバーも加わるものと、予想されている。

 一方でアウディと長年にわたって契約してきたマイク・ロッケンフェラーについては、先週末のDTM最終戦ノリスリンクにおいてアウディとの15年間にわたる関係を終えたため、そのファクトリーLMDhプログラムには参加しない。

 ロッケンフェラーは、他のライバルLMDhマニュファクチャラーと契約を結んだと噂されており、早ければ2022年のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権・DPiクラスにおいて始まるプログラムから、参戦を果たす可能性がある。