BMWモータースポーツ・ディレクターのマイク・クラックは、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング(RLL)が2022年のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権『GTDプロ』クラスにおいて新型M4 GT3を走らせる筆頭候補のチームであり、正式発表に先立って準備を進めていることを認めた。

 来季、IMSAウェザーテック選手権ではLMGTE車両で争われるGTLMクラスに代わり、GT3車両を用い、オールプロ・ラインアップも許される『GTDプロ』カテゴリーが新たに導入される。

 現在開発中の新型M4 GT3を2022シーズンに全世界でデビューさせる予定のBMWは、正式なコミットメントこそまだしていないものの、おそらくは2台のファクトリー・オペレーションによるプログラムを計画しているものと理解されている。

「最終的な確約はまだしていないが、それを実現するためにパートナーとともに作業にあたっている」とクラックはSportscar365に対し語っている。

「我々はIMSAにおけるGTEからGTDプロへの移行をサポートしている。常に対話も続けているし、その場にいるべくトライしている」

「M6で6シーズン参戦し、新たなプラットフォームへの移行もサポートしているのだから、もし新車があるのであれば、そこ(GTDプロ)に参戦しないというのは、ちょっとおかしなことだろう」

「我々はIMSA(GTD)プロへの参戦を実現しようと努力している。ただ、まだ最終的なもの(決定)ではない」

「これらすべてについての予算会議が、現在行われている。このプログラムにどんな優先順位をつけるかを確認している。重要なことは何だ? と」

「(カスタマーへ)デリバリーする在庫とは別に、2台の車両が必要になる。我々が実現しようとしてるのは、この(新型M4 GT3の供給という)パズル全体の一部だ」

 GTDプロ、GTDへの両クラスに参戦可能となるM4 GT3について、クラックは「多くの」チームと話をしていると述べたが、チームRLLがGTDプロのプログラムに参戦することを示唆している。

 ボビー・レイホールが共同オーナーを務めるチームは、2009年にアメリカン・ル・マン・シリーズのファクトリーM3 GT2を走らせて以来、北米におけるBMWモータースポーツのパートナーとなっている。2021シーズンはミシュラン・エンデュランス・カップ戦にのみ、2台のM8 GTEで参戦する体制を採っている。

「RLLは長期的なパートナーである」とクラック。

「いま、我々がその関係を終えるのは不自然だ。我々は多くのチームと話し合いを持っているが、RLLは我々が目指すところのトップの位置にいる」

「RLLはもはや、単なるチームではない。何年にもわたって関係を築いたいま、彼らはふさわしいパートナーである。これは我々にとって重要だ。安定した、長期にわたる関係を持つこと。私の意見では、これが成功するための秘訣だからである」

 来季のウェザーテック選手権のグリッドにおけるM4 GT3の台数について尋ねられたクラックは、特定の目標に言及することを避けた。

 BMWの長年のエントラントであるターナー・モータースポーツは、来季に向けて4台のM4 GT3をオーダーしたことで知られており、ウェザーテック選手権のGTDクラスで少なくとも1台を走らせる計画だ。

「GTDプロとGTDの双方で、できるだけ多くのマシンがあるといい」とクラックは述べている。

「結局のところは予算と関心を持つカスタマー、そして供給できる車両があるかどうか、だ」

「ただそこにいる(参戦する)ためだけに、5台や6台ものクルマに資金を提供するというのは、持続可能な方法ではない」

「両方のクラスに、2台ずつ参戦できれば嬉しい。私はウィル・ターナーととても良い関係を築いている。彼らはとても良いチームだ。彼らは古いクルマ(M6 GT3)でも、本当に良い仕事をしてくれた」

「来年、彼らがM4 GT3を走らせてくれるのは本当に嬉しい。プロクラスでは、カスタマーを持つことは少々難しいだろう。(ファクトリーチームが)カスタマーと競合したくはない」

「それらは別々にしたい。カスタマーには真のケアをする必要がある」

 2022年のGTDプロクラスはこのところ急速にその姿が明らかになってきており、BMW、コルベット・レーシング、ランボルギーニ、レクサス、ポルシェからの、7〜10のエントラントによるフルシーズン参戦が見込まれている。

 このなかですでに公式なコミットメントを表明しているのは、1台のレクサスRC F GT3による参戦となるバッサー・サリバンのみである。