モータースポーツを撮影するプロフェッショナル・モータースポーツ・フォトグラファーの団体である日本レース写真家協会(Japan Racing Photographers Association)は、今年度もアマチュアフォトグラファーを対象とした『モータースポーツ写真コンテスト』を開催する。サーキットで撮影した力作を募集中だ。

 日本レース写真家協会(JRPA)は1971年に創立されたプロフェッショナル・モータースポーツ・フォトグラファーの団体で、会員たちは新聞・雑誌等での報道目的を主体に、国内外で行われるモータースポーツの感動や興奮を伝えるべく、幅広く撮影を続けている。また、写真教室や撮影会などの協力、アマチュアフォトグラファー向けの活動など、モータースポーツ振興のための活動にも力を注いでいる。

 そんなJRPAは例年、アマチュアフォトグラファーを対象としたモータースポーツ写真コンテストを開催している。今年は2020年〜2021年に二輪および四輪のモータースポーツシーンを一般観戦エリアから撮影した未発表の作品が対象だ。

 JRPA会員もうなる写真が毎年寄せられるこのコンテストだが、グランプリを獲得すると2022年開催予定のJRPA写真展で、プロの写真とともに飾られるチャンスもある。奮って応募しよう。

日本レース写真家協会 モータースポーツ写真コンテスト
対象:
2020〜2021年に開催された二輪および四輪のモータースポーツシーンを一般観戦エリアから撮影した未発表の作品。
(個人のSNS等の限定的な公開で本人が著作権を有する場合は応募可能)

応募方法:
A4サイズにプリントした作品の裏に応募表(下記ホームページからダウンロード)を貼り付け、事務局宛にポスト受け可能な方法で送付。応募は1名につき2点まで。
最終選考に残った作品には、後日画像データを提出。
http://jrpa.org/news/2021/0922.html

募集期間:
2021年11月1日〜12月1日(必着)

賞:
二輪部門・四輪部門、グランプリ各1名

賞品:
二輪部門グランプリ キヤノン EOS kiss M2 ダブルレンズキット[ブラック]
四輪部門グランプリ ニコン Z 50 16-50 VR レンズキット

発表:
12月25日に、JRPAホームページで発表(予定)。
また2022年開催のJRPA写真展会場に展示。

送付先:
〒106-0032
東京都港区六本木5-17-1 AXISビル4F
日本レース写真家協会事務局
TEL 03-5575-8543