10月16日、ツインリンクもてぎを運営するモビリティランドは、11月7日のスーパーGT第7戦MOTEGI GT 300km RACEの決勝日に、航空自衛隊松島基地のF-2B戦闘機による歓迎フライトが行われると発表した。

 シーズンも佳境となるスーパーGT第7戦。その舞台となるツインリンクもてぎで、今年も決勝レース前を盛り上げるF-2B戦闘機の飛来が実現することになった。例年、もてぎでの歓迎フライトが行われているが、日米の技術を結集し作られ最高速度マッハ約2.0を誇るF-2Bが、今年もその勇姿を披露してくれる。

 フライトが行われるのは、11月7日(日)の決勝日オープニングセレモニー中。レース観戦エリアから観覧が可能で、その轟音と迫力で楽しませてくれるはずだ。フライトの概要は下記のとおり。

スーパーGT第7戦もてぎ
航空自衛隊松島基地F-2B戦闘機 歓迎フライト概要
日時:2021年11月7日(日) 決勝日オープニングセレモニー中
場所:ツインリンクもてぎ レーシングコース上空
(観覧はレース観戦エリアより)
内容:航空自衛隊松島基地 第4航空団「F-2B戦闘機」歓迎フライト
※天候、視界不良、その他の理由により中止となる場合がある