Buzz presents 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権は10月16日、栃木県のツインリンクもてぎで14周の決勝レースが行われ、ジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM'S 320)がポール・トゥ・ウインで今季3勝目を飾った。ランキング首位の名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)は4位でチェッカーを受けたが、チャンピオン決定は第16戦以降に持ち越された。

 直前に行われたスーパーフォーミュラの公式予選から小雨が舞い、難しいコンディションとなっていたツインリンクもてぎ。ただスーパーフォーミュラ・ライツのコースインから雨は止んでおり、全車がスリックを装着してグリッドについた。

 フォーメーションラップを経て迎えたスタートでは、ポールポジションのアレジが好スタート。2番手の佐藤がわずかに遅れ、3番手スタートの小高一斗(Kuo カローラ中京 TOM'S 320)が並ぶ。ただ、佐藤と小高の3コーナーの攻防のなかで小高はわずかに遅れ、スタートでジャンプアップした三宅淳詞(MAX RACING 320)が3番手へ浮上する。

 一方、スタートで遅れ順位を落としたのは4番手グリッドだった神晴也(Byoubugaura B-MAX Racing 320)。逆に順位を上げたのは、グリッド降格のペナルティを受けていた名取。4番手に浮上し、三宅を追う展開となった。

 序盤はアレジがリード、佐藤が1秒強の間で追う展開となるが、白熱し始めたのは3番手争い。三宅、名取、小高が一団となり、わずかにギャップが開き平良響(Kuo カローラ中京 TOM'S 320)を先頭にした河野駿佑(RS FINE K&N 320)、神の3台ずつのバトルが白熱した。この戦いの均衡は10周目、まずは神が河野をかわすところで崩れはじめる。

 戦いは三宅を先頭にした5台の戦いに変化していったが、三宅は名取にまったくスキをみせず、争いは膠着状態のまま終盤へ。そんな争いを後目にリードを築いていったアレジは、1分43秒851というファステストラップをマーク。最後は佐藤に2.794秒のギャップを築き、今季3勝目を飾った。

 2位は佐藤、そしてファイナルラップまできっちりと順位を守った三宅が3位に。名取は4位となり、名取のチャンピオン決定は10月17日以降に持ち越された。5位は小高、6位は平良とTOM'S勢が続いた。マスタークラスは、DRAGON(TEAM DRAGON B-MAX 320)とのバトルも制し総合9位でチェッカーを受けた今田信宏(JMS RACING with B-MAX)が勝利を飾った。

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権
第15戦 決勝結果
PosMNoDriverCar NameTeamLapsGridQualify136G.アレジDeloitte. TOM’S 320TOM’S1411’42.92922佐藤蓮TODA FIGHTEXTODA RACING1421’43.126310三宅淳詞MAX RACING 320ルーニースポーツ1461’43.628450名取鉄平Byoubugaura B-MAX Racing 320B-MAX RACING TEAM1451’42.88451小高一斗Kuo カローラ中京 TOM’S 320TOM’S1431’43.330637平良響Kuo カローラ中京 TOM’S 320TOM’S1481’43.934752神晴也Byoubugaura B-MAX Racing 320B-MAX RACING TEAM1441’43.556835河野駿佑RS FINE K&N 320RS FINE1471’43.6789M4今田信宏JMS RACING with B-MAXB-MAX ENGINEERING1491’44.9341030DRAGONTEAM DRAGON B-MAX 320B-MAX ENGINEERING14101’46.35111M11植田正幸MAX RACING RN320ルーニースポーツ14111’47.17612M51SYUJIB-MAX ENGINEERING 320B-MAX ENGINEERING14121’50.367
天候:曇り 路面:ドライ
ファステストラップ:ジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM'S 320) 1'43.851(13/14)