10月15〜17日、JRC全日本ラリー選手権第10戦『第48回M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ2021』が岐阜県高山市を中心に開催され、JN-1クラスに参戦しているTOYOTA GAZOO Racingの勝田範彦/木村裕介組のトヨタGRヤリスGR4ラリーが総合優勝を飾った。また、チームメイトの眞貝知志/安藤裕一組(トヨタGRヤリスGR4ラリー)も総合5位入賞を果たしている。

 2021年シーズンの第7戦ラリー・カムイ、第9戦ラリー北海道を制し3勝目を狙う勝田組とチームは、今年6月に開催された第6戦モントレー以来、約4カ月ぶりとなるターマック(舗装路)ラリーに向け、GRヤリスGR4ラリーの重点的なテストを実施して今戦に臨んだ。

 事前のテストでは、シーズン前半のターマックラリーで培った知見に加え、グラベル(未舗装路)ラリーで得られたデータ、さらにテストにおけるドライバーからのフィードバックを活用。駆動系など、さまざまな領域でクルマの改良が行われた。

 迎えたラリーハイランドマスターズは初日のレグ1で6本のSSを走行し、最終日のレグ2でも6本、計12本のSSで争われる。3連勝を目指し同ラウンドに乗り込んだ勝田は、いきなりSS1とSS2で最速タイムをマーク。さらにSS5でもライバルとベストタイムを分け合い初日を総合首位で終える。

 総合2番手に17.6秒のギャップを築いて迎えたレグ2は、コンディション不良のためSS7がキャンセルされ計5SSで争われることになったが、シリーズ8冠王者はここでも好ペースを維持する。

 SS9とSS12を制した勝田組は最後までポジションを譲らずトップのままフィニッシュ。見事GRヤリスGR4ラリーでターマック初優勝を飾るとともに自身3連勝を達成した。また、僚友の眞貝組もふたつのSSで3番手のタイムを出すなど上位に食い込むペースを披露し、最終的に総合5位入賞を果たした。

 全日本ラリー選手権の次戦は第4戦『久万高原ラリー2021』だ。愛媛県久万高原町周辺で行われるラリーは今戦と同様にターマックで争われる。このイベントは当初、5月の実施が予定されていたが、コロナ禍の影響で10月15〜17日にリスケジュールされ今シーズンの“実質”最終戦として開催されることになっている。

 TOYOTA GAZOO Racingのドライバー、およびチーム関係者のコメントは以下のとおりだ。

●全日本ラリー第10戦後コメント
■豊岡悟志(チーム監督)
「久々のターマックラリーに向けて、テストを重ねてしっかりと準備をしてきました。そのおかげで改善、セットアップが進み、クルマとドライバーの一体感が進化した状態で挑めました」

「勝田選手のドライビング、戦いには改めて感心しますし、感動させられます。眞貝選手が上位で互角に戦えたことも非常にポジティブな成果です。最終戦が楽しみになってきましたが、しっかりと準備して挑みます」

「今回、GRヤリスがRS含めて11台も参加していたことはうれしい限りです。ここで得た知見を市販車開発にフィードバックすることはもちろん、他エントラントへの展開も考えて、全体の盛り上げ、活性化にもつなげていきたいと思います」

■勝田範彦(ドライバー)
「GRヤリスGR4ラリーにとって、ターマックでの初優勝を挙げることができました。6月のモントレーと比較すると、とくに駆動系の進化を感じます。ただ、今回はコース的にも下りのSSが多く軽量のGRヤリスには有利性がありました」

「またライバル選手のアクシデントに助けられた側面もありますし、最終日は厳しい追い上げもあって、難しいコンディション下でも攻め続ける必要がありました」

「この勝利によって選手権では有効ポイントでトップに立ちましたが、落ち着いて最終戦に挑みたいと思っています」

■眞貝知志(ドライバー)
「GRヤリスGR4ラリーは劇的にドライブしやすくなりました。今回は、序盤のターマックラリーで収集したデータから、主に足回りやブレーキについてチームやサプライヤーの皆さんと相談して準備頂いたアイテムを一気に投入しました」

「結果的にはそれが功を奏して難しいコンディションの路面でもJN1クラスの上位争いに入っていけるタイムに結びついたのだと思います」

「自分自身も、4WD車両に乗り換えて初めてタイムと感触が一致する状態を経験し、ドライビング面でも自信や手応えを得ることができました」

■宮本昌司(チーフメカニック)
「チームのメンバーはこれまでの参戦経験を活かし、サービス拠点のレイアウトも含め、自分たちの判断で作業を行いました。人から指示されるのではなく、各自で考えて行うことで、いつも以上に多くの学びがあったようです」

「次の久万高原ラリーまでは2週間という短いインターバルですが、選手たちがストレスなく最終戦に臨めるよう、しっかりとクルマを準備するのが私たちメカニックの役割だと考えています」

■新井政行(エンジニア)
「4WD担当として車両の挙動に関するデータ解析をしていますが、今回のラリーの結果は、今季初戦からドライバーにGRヤリスGR4ラリーを鍛え続けて頂いたおかげだと思います」

「久々のターマックラリーに対し、駆動力を路面にしっかり伝えることを意識しながら、トラクションと乗りやすさを両立できるよう、全体的なセッティングを進めました。次の久万高原ラリーに向けて、今大会で得たデータや選手からのフィードバックを反映させつつ、将来の市販車にも活用していきたいと考えています」