現行の3代目からFFモデルへと変貌を遂げたBMWのCセグメントハッチバック『1シリーズ』に、スポーティかつ上質なテイストを醸し出す限定車『BMW 118d Individual Edition(インディビジュアル・エディション)』が登場。全国のBMW正規ディーラーに加えて、BMWオンライン・ストア(https://online-store.bmw.co.jp/)でも本日10月21日より限定180台で発売開始となっている。

 傘下ブランドのMINIで培った前輪駆動方式の開発成果を活用し、室内空間確保に有利なFFモデルとして生まれ変わった新生『1シリーズ』は、日本初導入となるタイヤスリップ・コントロール・システム(ARB)の採用や、リバース・アシスト等の運転支援機能を標準装備するなど、ブランドのボトムを担うエントリーモデルながら高い走行性能と機能性を兼ね備えている。

 デザイン面でも、キドニー・グリルやヘッドライトに最新のデザインコンセプトを採用し、低重心を強調するリヤデザインに個性的なL字型テールライトをアクセントに採用するなど、BMWらしいスポーティなエッセンスが散りばめられた。

 そのうち、150PS/350Nmを発生する2リッターの直列4気筒ディーゼルターボに8段AT搭載の“BMW 118d Play Edition Joy+(プレイ・エディション・ジョイプラス)”をベースに、今回が日本初導入となるMスポーツ・エクステリアを装備してスポーティさを前面に押し出しつつ、BMWのコンパクト・セグメントとしては初めて、カスタマイズ・プログラムの『BMWインディビジュアル』によるスペシャル・ペイントが施された。

 エクステリアでは、そのBMWインディビジュアルからセピア・バイオレット(70台)、ルビー・レッド(30台)、ホッケンハイム・シルバー(80台)の3色がセレクトされ、LEDフォグライトやバイ・カラーの17インチMアロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング550Mを装着。

 インテリアもトリム裏側に光源を持ち車内を鮮やかに彩るイルミネーテッド・トリム・ベルリンに加え、人気のHiFiオーディオ・システムを装備。さらに限定全180台の内90台に限り、通常では選択できないパーフォレーテッド・ダコタ・レザーのモカ色を内装に採り入れるなど、通常モデルとは異なる、ひとつ上の存在感を主張するモデルとなっている。

 またiDriveナビゲーション・パッケージとして、10.25インチのマルチ・ディスプレイ・メーター・パネルに、10.25インチのワイド・コントロール・ディスプレイを含むBMWライブ・コックピットや、AI音声認識技術を活用したBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント、そして3年間のUSBナビ・アップデートが可能なBMWコネクテッド・ドライブ・プロフェッショナルも備える。

 本格デリバリーは11月中旬以降を予定するものの、世界的な半導体供給不足の影響で通常モデルでの標準装備品が装備されない場合があるなど留意が必要な点はあるものの、全車右ハンドル仕様となる『BMW 118d Individual Edition』の価格は512万円(税込)となっている。

BMW カスタマー・インタラクション・センター:フリーダイヤル:0120-269-437
BMW インターネット・ウェブサイト:http://www.bmw.co.jp