スーパーフォーミュラ2021年シーズンの最終戦となる、第7戦JAF鈴鹿グランプリが鈴鹿サーキットで開催され、10月31日の日曜フリー走行では雨粒が強くなっていくウエットコンディションのなか、山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)がトップタイムをマークした。

 土曜日の快晴のなかでの予選から一転して曇り空から小雨が落ち始めた日曜日の鈴鹿。ウエットコンディションで始まったセッションは走りはじめに山本がトップに立つ。前日のドライコンディションで初ポールポジションを獲得した松下信治(B-Max Racing team)は序盤、4番手のタイムをマーク。各車、決勝レースに向けて満タンに近い燃料搭載量で周回を重ねる。

 その後、どんどん雨粒が強まり、タイムを更新するドライバーは少なくなる状況に。30分のセッションは大きなアクシデントもなく、そのまま山本がトップでセッション終了。2番手はチームタイトル争いが掛かっているcarenex TEAM IMPULの平川亮、3番手にはルーキー・オブ・ザ・イヤーを争っている阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)が続く展開となった。

 決勝レースは14時から、30周、または70分の時限レースで行われる。午後もこのまま雨が続く見通しで、難しいコンディションでの戦いとなりそうだ。

●スーパーフォーミュラ第7戦JAF鈴鹿グランプリ 日曜フリー走行
*編集部集計 ウエットコンディション
Pos.No.DriverTeamEngineTime11山本尚貴TCS NAKAJIMA RACINGHONDA/M-TEC HR-417E1'51.826220平川亮carenex TEAM IMPULTOYOTA/TRD 01F1'51.922339阪口晴南P.MU/CERUMO・INGINGTOYOTA/TRD 01F1'52.142451松下信治B-Max Racing TeamHONDA/M-TEC HR-417E1'52.378537宮田莉朋Kuo VANTELIN TEAM TOM’STOYOTA/TRD 01F1'52.444664大湯都史樹TCS NAKAJIMA RACINGHONDA/M-TEC HR-417E1'52.54475福住仁嶺DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHONDA/M-TEC HR-417E1'52.979815大津弘樹Red Bull MUGEN Team GohHONDA/M-TEC HR-417E1'53.080919関口雄飛carenex TEAM IMPULTOYOTA/TRD 01F1'53.124106牧野任祐DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHONDA/M-TEC HR-417E1'53.402113山下健太KONDO RACINGTOYOTA/TRD 01F1'53.466124S.フェネストラズKONDO RACINGTOYOTA/TRD 01F1'53.9031316野尻智紀TEAM MUGENHONDA/M-TEC HR-417E1'53.9481436G.アレジKuo VANTELIN TEAM TOM’STOYOTA/TRD 01F1'54.0631538坪井翔P.MU/CERUMO・INGINGTOYOTA/TRD 01F1'54.110167小高一斗KCMGTOYOTA/TRD 01F1'55.2031714大嶋和也NTT Communications ROOKIETOYOTA/TRD 01F1'55.4961818国本雄資KCMGTOYOTA/TRD 01F1'57.4561912T.カルデロンThreeBond Drago CORSEHONDA/M-TEC HR-417E1'59.344