ラリーファンに向けたイベント『フォーラムエイト・セントラルラリー2021』が愛知県と岐阜県を舞台に11月12日(金)〜14日(日)にかけて開催される。2022年に開催されるWRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン』につながるイベントで、豊田スタジアムが拠点となる。なお、イベント期間中の11月13日(日)には岡崎市の乙川河川敷で、トヨタ・ヤリスWRCのデモランなどが行われるスペシャルステージの観戦可能だ(有料の入場チケットが必要)。

 今大会は、いわゆる『選手権』がかからないノンタイトル戦として開催されるが、JRC全日本ラリー選手権でトップを争うマシンやヒストリックカーなど、総勢61台が出場予定だ。

 車種バラエティも非常に多彩で、トヨタGRヤリスやスバル WRX STI、ミツビシ・ランサーエボリューションといったハイパフォーマンスカーはもちろん、スズキ・スイフトスポーツやトヨタ・ヤリスなどのコンパクトスポーツも登場する。さらに、シュコダ・ファビアR5、トヨタGT86 CS-R3といったラリー専用車両も参戦している。

 また、17台のエントリーを集めたヒストリックカーにも注目したい。国産車ではトヨタ・セリカ(TA22)やマツダ・サバンナRX-7、輸入車ではポルシェ911、フォード・エスコート、ランチア・ラリー037やデルタなど、綺羅星のごとき名車が名を連ねている。往年同様のエキゾーストノートを響かせて、愛知・岐阜の両県を駆け抜ける。

 出場するドライバーも多士済々だ。先日、全日本ラリー選手権で自身9度目となるチャンピオンを獲得した勝田範彦を筆頭に、同選手権2位の福永修をはじめ、新井大輝、奴田原文雄、柳澤宏至といった国内トップドライバー、スーパーGT GT500クラスでも活躍する元F1ドライバーのヘイキ・コバライネン、タレントの哀川翔など、そうそうたる顔ぶれが並んでいる。

 ラリーは11月13日(土)の朝9時に豊田スタジアムをスタート。この日は愛知県内の山間部エリアを主なステージとして戦い、最終日の11月14日(日)は岐阜県恵那市で競技が行われる。

 期間中、豊田スタジアムには車両整備を行う“サービスパーク”が設置されるほか、併催イベントとして『とよたクルマフェスタ』も開催(9時〜15時/入場無料)。さまざまな物販・展示ブースが立ち並ぶほか、地元の飲食を堪能できる出店も多数登場する。ただし開催当日、スタジアム駐車場は利用することができないため、公共交通機関での来場が呼びかけられている。さらに見どころなど詳細については、今後追ってお伝えしていこう。

■ラリーウィーク特設サイト
https://toyotagazooracing.com/jp/event/rallyweek2021/

■フォーラムエイト・セントラルラリー2021
11月13日(土)〜14日(日)
サービスパーク:豊田スタジアム
https://central-rally.jp

■ラリージャパン公式サイト
https://rally-japan.jp/