11月13日、ラリージャパン事務局は『フォーラムエイト・セントラルラリー2021』が開催されている豊田スタジアムのラリージャパンブース前特設ステージにて、『ラリージャパン2022 開催概要発表』を行なった。2020年、2021年とコロナ禍の影響で2度開催を断念したラリージャパンは、2022年11月10〜13日に開催される。

 残念ながらコロナ禍の影響で今年も開催されなかったフォーラムエイト・ラリージャパン。2022年度は、すでにFIA国際自動車連盟の最高機関である世界モータースポーツ評議会(WMSC)において来季カレンダーが承認されており、WRC世界ラリー選手権の最終戦となる第13戦として開催予定だ。

 大会名称は、『FIA世界ラリー選手権(WRC)フォーラムエイト・ラリージャパン2022』となる。開催エリアは愛知県内では岡崎市、豊田市、新城市、設楽町、岐阜県内では恵那市、中津川市の2県6市町で競技が行なわれる。サービスパークは、豊田スタジアムとなり、ラリーのヘッドクォーターやプレスルームも豊田スタジアムに設定される。

 スペシャルステージ(SS)やリエゾン(移動区間)のルート、競技スケジュールについてはFIAおよびWRCプロモーターの査察、承認を受けた後に発表される。

 セントラルラリーが開催されている豊田スタジアム ラリージャパンブース前特設ステージで行なわれた開催概要発表には、主催者代表としてラリージャパン事務局長の鈴木賢志氏、自民党モータースポーツ議連会長の古屋圭司議員、開催都市である愛知県の大村秀章知事、同じく岐阜県の古田肇知事。そして協賛社代表のフォーラムエイトの伊藤裕二社長、チーム代表としてGAZOO Racing Company佐藤恒治プレジデント、開催市町の中根康浩岡崎市長、太田稔彦豊田市長、小坂喬峰恵那市長、渡辺卓中津川副市長らが参加した。

 古屋議員は「日本は自動車産業は世界一です。しかし、残念ながらモータースポーツ文化は定着をしていません。モータースポーツ文化をしっかり定着させることによって、たとえば、若者が一所懸命仕事をして何カ月に1回レースに出る。出場すればモータースポーツの楽しさだけではなく、クルマのことが全部わかってくるのです。これがモータースポーツ文化の定着に繋がっていくと考えています」

「だからこそ、我々モータースポーツ推進議連はモータースポーツ文化を定着させて青少年の健全育成にも寄与していこうという崇高な目的を掲げて取り組んでいます」と語った。

 地元愛知県の大村知事は「愛知県は世界一の自動車産業の集積地です。産業が世界一であれば、やはり自動車文化、モータースポーツを国内外に広めていくヨーロッパと並んで自動車文化・モータースポーツの聖地になっていく、ということが必要になってきます」

「こういうミッションが私たち愛知県にはある思います。ラリージャパンを機にさらにモータースポーツを広めていけるように皆さんと一緒に頑張っていきたい」とコメント。

 岐阜県の古田知事は「ラリージャパン2022、開催が決定したしました。いよいよ、3度目の正直です。私達岐阜県2市中津川市・恵那市を開催地として使っていただけるということで感激しています。まさにモータースポーツ文化の一端に我々も触れさせていただけるということで大変ワクワクしています」

「かくなるうえは、岐阜県民200万人を挙げて歓迎します。大いに盛り上げていきたい。岐阜県、愛知県一緒になって立派なモータースポーツの聖地を作り上げていきたいという想いです」と述べた。