岡山県の岡山国際サーキットで開催されているスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第6戦『スーパー耐久レースin岡山』は11月13日、公式予選が行われ、11月14日(日)午前に行われるグループ2はST-3クラスの39号車エアバスター Winmax RC350 TWSが、午後に行われるグループ1はST-Xクラスのポルシェセンター岡崎 911GT3Rがポールポジションを獲得した。

 2021年のシーズン最終戦となる第6戦岡山は、ST-Qクラスに新たなチャレンジャーとなるMAZDA SPIRIT RACING Bio concept DEMIOが参戦するなど多くの話題を集めているレースだが、11月11日(木)の各グループ1時間×2本の特別スポーツ走行、12日(金)の各グループ1時間×3本の専有走行、さらに11月13日(土)午前のフリー走行を経て、12時50分から公式予選がスタートした。

■ST-Zは今回もFABULOUS GRMI GRSupraGT4がポール獲得
 今回は14日(日)の決勝レースが2グループ3時間ずつのレースで争われることから、公式予選も12時50分からグループ2、14時15分からグループ1と分けて行われた。14時15分から行われたグループ1予選では、まずはST-Z、ST-1、ST-2が出走。ST-Zクラスは、Aドライバー予選で311号車FABULOUS GRMI GRSupraGT4の鈴木宏和が1分35秒900でトップタイムをマーク。500号車5ZIGEN AMG GT4の大塚隆一郎が1分36秒532で続く。チャンピオンを争う3号車ENDLESS AMG GT4は内田優大が1分36秒994で4番手、47号車D'station Vantage GT4は星野辰也がアタックし、6番手につける。

 Bドライバー予選では、885号車林テレンプ SHADERACING GR SUPRA GT4を駆る平中克幸が1分35秒416でトップに。311号車のFABULOUS GRMI GRSupraGT4の久保凜太郎が2番手、松本武士の108号車アスラーダ Ver. Supraが3番手と、今回専有走行から好調だったGRスープラGT4勢が速さをみせる。4番手には元嶋佑弥の28号車TKRI 松永建設 AMG GT4、5番手には織戸学の47号車D'station Vantage GT4がつけた。

 合算では、311号車FABULOUS GRMI GRSupraGT4が前戦鈴鹿に続くポールポジションを獲得。グループ2のST-4クラスでも310号車GRGarage水戸インター GR86がポールポジションを獲得しており、今回もダブルポールポジションとなった。

 ST-1クラスは、堤優威と阪口良平が速さをみせた38号車mutaracing GR Supraが合算で3分10秒878をマークし、クラスポールポジションを獲得。71号車CSダイワN通商アキランドポルシェが2番手、今季速さをみせてきた2号車シンティアム アップル KTMは3番手となった。

 前戦ですでにチャンピオンが決まったST-2クラスは、今回がデビュー戦となる13号車ENDLESS GR YARISが小河諒のアタックでまずはAドライバー予選でトップタイム。2番手には冨舛朋宏の6号車新菱オート☆NEOGLOBE☆DXL☆EVO10、前戦のクラッシュから復活した225号車KTMS GR YARISが野中誠太のドライブで3番手につけた。

 Bドライバーでは、6号車新菱オート☆NEOGLOBE☆DXL☆EVO10の菊池靖がトップに。平良響の225号車KTMS GR YARISが2番手につけた。合算では6号車新菱オート☆NEOGLOBE☆DXL☆EVO10がクラスポールポジションに。225号車KTMS GR YARIS、13号車ENDLESS GR YARISと続いた。

 ST-TCRクラスは、アウディドライビングエクスペリエンスのウイナーが乗り込む33号車Audi RS 3 LMSが参戦し、今村大輔と阿野雄紀のアタックでポールポジションを獲得。今季チャンピオンを決めている75号車おとぎの国 CIVIC TCRを下した。

■ST-Xはポルシェセンター岡崎 911GT3RがPP。ST-5はタイトル決定
 そしてST-Xクラスは、今回はチャンピオンのD'station Vantage GT3が不在だが、まずは290号車Floral UEMATSU FG 720S GT3の植松忠雄が1分29秒893をマーク。永井宏明の16号車ポルシェセンター岡崎 911GT3R、永井秀貴の31号車DENSO LEXUS RCF GT3と続いた。

 Bドライバー予選では、9号車MP Racing GT-Rを駆る柴田優作が1分28秒703をマーク。16号車ポルシェセンター岡崎 911GT3Rの上村優太が1分29秒280で続くが、走路外走行のペナルティをとられ、1分29秒301というベストタイム。2番手は青木孝行の81号車DAISHIN GT3 GT-Rとなった。

 しかし、それでも合算で2分59秒473を記録した16号車ポルシェセンター岡崎 911GT3Rがグループ1のポールポジションを獲得。290号車Floral UEMATSU FG 720S GT3が2番手、31号車DENSO LEXUS RCF GT3が3番手に。9号車MP Racing GT-R、81号車DAISHIN GT3 GT-Rという順位となった。

 グループ1に参加するST-QクラスのORC ROOKIE Racing GR SUPRAは、Aドライバー予選で蒲生尚弥がST-Xに迫ろうかという1分33秒476を記録。2021年を通じた改良の成果を披露した。Bドライバーの豊田大輔も1分36秒391を記録し、総合6番手につけている。

 グループ2のポールポジションを獲得したのは、すでにST-3クラスのチャンピオンを決めている39号車エアバスター Winmax RC350 TWS。冨林勇佑と大島和也のアタックで、52号車埼玉トヨペット GB クラウンRS、244号車QUEEN EYES 34Zを下しクラスポールポジションを得た。

 そして大激戦のチャンピオン争いが展開されているST-4クラスは、先述のとおり310号車GRGarage水戸インター GR86がポールポジションを獲得。坪井翔が1分42秒927という驚異的なタイムをマークしており、チャンピオンを争う884号車林テレンプ SHADERACING 86を下した。

 ST-4クラスの3台に続いたのは、ST-Qクラスの32号車ORC ROOKIE Corolla H2 concept。今回、Cドライバーのモリゾウが積極的にニュータイヤを履いており、井口卓人と佐々木雅弘がこの予選で初めてのニュータイヤとなったことから、予想よりもタイムは伸びなかったものの、それでもST-4とはほぼ互角。モリゾウも1分48秒095をマークしてみせた。

 ST-5クラスは、チャンピオン獲得のためにポールポジション獲得が必須だった456号車odula Star5 Roadsterが僅差の2番手に留まり、これで3番手につけた66号車odula TONE MOTULロードスターのチャンピオンが決定。ポールポジションは72号車TRES☆TiR☆NATS☆ロードスターとなった。そして、バイオディーゼル燃料を使用するST-Qクラスの37号車MAZDA SPIRIT RACING Bio concept DEMIOは、グループ2の総合24番手で初めての予選を終えている。